無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.28

嬉しい再会

土曜日の昼からスキーに行った。集合場所の駅までは地下鉄だ。ザック背負ってスキー板担いで、両手にはそれぞれスキー靴とシュラフの入った鞄。もう慣れっこにはなったが、普通の人にとってはスキーシーズンが終わってしまった今の時期、こんな格好では目立って仕方がない。

そんなこんなでホームへの階段を下りていくと、こちらの方をじろっと見る小柄で髪の短い男性がいた。近づいてみると、去年膝をケガしたときにリハビリしてくれた理学療法士さんだった。こんなところで、しかもこれからスキーに行かんとしているところで会えるとは!! 満面の笑みを浮かべて(いたと思う)、会釈して、「これからスキーに行くんですよ」と声をかけた。

膝のケガはスキーが原因だったので、直してもらった本人にそう言えるのは本当に嬉しかった。診てくれた医師には当然感謝するが、おそらく患者の数も多すぎて俺の顔など覚えてくれてはいないだろう。もちろん、理学療法士の彼にとっても、俺なんか一介の患者にしか過ぎないのかもしれない。しかし、ギブスを取った時は思う通りに動かせず、本当に直るのだろうかと不安で一杯だった俺の足を、時間をかけてほとんどケガの前と同じように動かせるように訓練してくれたのは彼だ、と言う気持ちは強い。2週間に1回10分にも満たない診察と、週2回毎回約1時間のリハビリとの違いは大きい。

彼も顔を覚えてくれていたらしく、「今からでも雪があるんですか?ケガしないように行ってきてくださいね。」と言ってくれた。彼は家族連れでどこかに出かけるところのようだったので、そのまままた会釈して別れた。つかの間の再会だった。そう言えば去年の今頃は毎週土曜のこの時間にリハビリしてたなあ、彼も本当はあの時間は家族と過ごしたかったのかな、などと思いながら集合場所の駅へと向かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.24

おんたけへ

今おんたけスキー場の駐車場。雪降ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブルドックショウ

今日深夜、テレビをつけたら「ブルドックショウ」と言うユニットがパフォーマンスをしていた。初めて見るユニットだったが、見たことのある役者3人。伊藤えん魔腹筋善之助コング桑田。関西小劇場出身の役者さん達なので、関西でも知っている人は少ないのかな?

90年代の小劇場ブームの時はそう言う役者さんの出演する深夜番組が関西ローカルでたくさん作られていたが、最近はたまにしか見られなくなっている。「怒濤のくるくるシアター」が「週間テレビ広辞苑」からの枠でレギュラー番組になったにもかかわらず、人気が無く打ち切りになってしもたんが悪いんやあ、と言ってもわかる人が一体どのくらいいるのか・・・

腹筋善之助さんはちょっと太ったように見えたが(他の二人は言わずもがな)、気のせい?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.04.23

銀河鉄道ビール

今日、仕事の帰りにデジカメのプリントを受け取りにローソンに寄った。デジカメプリントも初めてだし、オンラインで注文するのも初めてだった。そう言えばコンビニで写真を受け取るのも初めて。ネガを渡さずにプリントが出来て、しかも夜中に写真を取りに行けるなんて、つくづく便利な世の中になったものだ。

単に写真を受け取るだけなのも何なので、買い物もしようとうろうろしていたらビールのショーケースに見慣れない物を発見。銀河鉄道ビールだ。宇宙空間の青をバックにメーテルと999の絵があしらってある。中身は銀河高原ビールのピルスナーらしい。銀河高原ビールのサイトには「JR西日本・JR東日本・JR東海の駅売店・駅コンビニ限定発売」と書いてあるが、限定ではなくなったのかな?

パッケージデザインのせいか銀河高原ビールにしては軽いような気がしたが、中身は別に普通の製品と同じなんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.19

成分献血

金曜日夜、京都の街中に泊まった。

土曜の朝9時に解散になったが、iPod Dock 用のFireWire ケーブルを買いたかったので10時まで暇つぶしして電気屋へ。FireWireケーブル以外にも2、3買い物をした後、献血ルームへ。今まで献血車や血液センターで献血はしたことはあったのだが(献血手帳によると20回)、献血ルームには行ったことがなかった。他のところでも「献血ルーム」の看板を見るたびに気にはなっていたのだが、今回初体験。

エレベータを乗って上がるとそこはもう受け付け。ロッカーに荷物を入れて、いつもの通りの質問に答える。特にその後用事もなかったので、成分献血をすることにした。成分献血は血液を分離しながら体にまた戻すので時間がかかるのだ。施設が必要なので献血車では出来ない。もう15年ほど前に血液センターで1度だけしたことがある。

簡単な問診の後、血液検査。久しぶりの成分献血と言うことで肝機能の検査もする。その後待合室で順番待ち。おーっ!これが噂の金を入れなくても、いくらでも飲み物が出てくる自動販売機か!噂には聞いていたが初めて実物を見る。飲み物を選ぶボタンのランプがつきっぱなしだ。飲み物を飲みながらしばらく待っていると、順番になった。

まずDVDを選んで献血用のベッドへ。15年前はDVDなどあるはずもなくビデオだった。確か「風の谷のナウシカ」を選んだっけ、と思いながら今回は「シュリ」を選んだ。ベッドに寝て献血開始。でも、あれですな。献血してるときに血がドバーッと出るアクション物を見るのはお勧めしないですな。「シュリ」の場合は最初にそう言う場面が固まっているから余計に。

俺は血流量が少ないのか、いつもの献血でも時間がかかる。今回も後から来た「血の気の多そうな」若者達がどんどん先に帰る中、1時間以上かかってやっと終わった。端っからDVDが全部見られるとは思っていなかったが、1時間も見てしまうと途中までで終わるのはちょっと惜しい。とも言ってられないので、あきらめてロビーの方へ向かう。

粗品の液体歯磨きとタオルをもらい、飲み物とお菓子で休憩。ロビーには割と人がいた。何時の季節でもこのぐらいの人がいれば血液が不足することは無いんだろうなと思いながら、献血ルームを後にした。

これからも、少なくとも献血が出来る位の健康体では居たいものだ。献血30回の顕彰を受けられるのは何時になるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.16

今更ながら、志賀高原レポート

土曜日に保津川に行ったことは先にも書いたが、そのメンバーと志賀高原にスキーに行ったメンバーは重なっていて、俺が3/20からのスキーで危険な目にあったことも昼飯時の話題になった。

先月に来たときとは違うゲレンデに行こうと言うことになって、初日に奥志賀高原スキー場で滑っていたときのこと。あるところでトラバースしようとしてゲレンデ外に出た。近道をしてすぐにゲレンデに戻るつもりだった。しかし、見た目に新雪だと思って入ったところが実際は締まった雪で転けてしまった。そのまま斜面を滑落。雪が堅いのでスピードがつき、スキー板のエッジもかからずに止まらない。このまま斜面のずっと下まで滑り落ちて行くのだろうかと言う考えが頭をよぎったが、途中にあった木に体を引っかけることでなんとか止まり、事なきを得た。危うく事故になるところだった。
"ゲレンデの脇"なので気持ちとしてはゲレンデと同じ気楽さ、しかし危険度ではバックカントリーと変わらないというのが事故を招く元なのだろう。全くのバックカントリーなら覚悟して滑るのだが、というのは言い訳にしかならない。認識が甘く、全くお恥ずかしい限りである。これからは気を付けねば。反省。。。。

その時に、今度初めてバックカントリーに滑りに行くという まるかぜ氏 に、バックカントリー三種の神器(シャベル、プローブ、ビーコン)を貸していた。俺が保津川から帰ってきて用事をしてる最中に、彼がそれらを返しに来るというので受け取りに出た。彼は淀競馬場で花見に行った帰りだったらしいが、もう時期が遅く葉桜になっていたそうだ。2月の志賀高原のスキーで膝をケガした たーちゃん が手術をして病院に入院しているので、彼はこのあと見舞いに行くとのこと。そういえば保津川に一緒に行っていた連中も嵐山についた後見舞いに行くと言っていたなあ。俺も時間があったら、膝のケガの先輩として(?)見舞いに行ったのだが。早い回復を祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.15

トラックバック野郎Tシャツ当たる

今日、家に帰ると@niftyから荷物が届いていた。何だろうと思って開封してみると、トラックバック野郎Tシャツ!!
Truckback1.jpgTruckback2.jpg

ココログプラスとプロのステップアップキャンペーンのTシャツだ。

Truckback3.jpg
左袖には「ココログ」の文字が。

でも、着るのにはちょっと勇気のいるデザイン(^_^;

以前、アット・ニフティ ワインでもワインが当たったことがあるし、@niftyの懸賞とは相性が良い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodの車載

遅くなったが、この間アップルストア銀座で購入したiPodの車載の報告。

HiroyukiさんのMy life logでも問題になっていたが、フラットなところを探すのが一苦労。Leather Holster for iPodのアタッチメントを何回か付けたりはがしたりして、ああでもない、こうでもないと試行錯誤でやっと決めたのが、エアコン吹き出し口のそば。冷房の時は良いが、暖房の時はiPodが暖まってしまわないかとちょっと気になる。
iPod1.jpg
iPod2.jpg
この位置にiPodをセットしても、ワイパーやライトの操作に支障の出るようなことはなかった。

何回もアタッチメントを付けたりはがしたりしたもんだから、粘着力が弱まって、位置決めの最中にiPodを落としてしまった(T.T) しかし、アタッチメントの粘着面を中性洗剤で洗うと粘着力が回復する。いろんな場所にくっつけて実際にiPodを装着して納得いくまで位置を決めることをおすすめする。

iPod3.jpg
実はカーステレオのCDプレーヤーが2年ほど前から壊れていた。これで自分で用意した曲をやっと聴ける(^^)

iPodと一緒にTimbuk2のiPod caseも購入したが、メッセンジャーバックのストラップにiPod caseをつけて使うとリモコン付きヘッドホンのコードが長すぎて絡まりそうだ。そこで今は純正のキャリングケースに入れて、カバンの中にしまって使うことにしている。余ったiPod caseはDimageXtのケースとしてちょうど具合が良いので、そちらの方で使うことにした。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

Nihon Hoso Kyokai

mido_fado.jpg
自転車に囲まれた、みど と ふぁど。れっしー と そらお は?
doomo.jpg
と思ったら、どーもくん発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.13

4月の保津川

「げっ!、もうこんな時間や。馬堀に7時半に集合やったのに。」

と言うことで始まった土曜日。とりあえず連絡を入れて、今年の初漕ぎになる保津川下りに参加することが出来た。俺は用事があって途中の保津峡駅で一人で上がる予定だったので、そこに車を置いておきたかったのだが、スタート地点の馬堀で待つようにとの指示。みんなを待つ間、暇だったので写真を何枚か撮ってみた。

umahori.jpg

朝は少し肌寒いぐらいだったが、みんながそろって出発する頃には日が照っていて長袖のパドリングジャケットでは暑いぐらいだった。

水量は少なめで、保津川最大の落ち込みの「小鮎の瀬」も、みんな難なくクリア。
道中、まだ咲いている桜もいくつか見れたし、割とのんびりした川下りだった。
この陽気で遊船もたくさん出ているらしく、ずいぶんと避けないといけなかった。秋の紅葉時期よりはまだましかな。

hodsugawa.jpg

遊船が通り過ぎるのを待っているとき、風が吹いて文字通り桜吹雪が舞い、水面に花びらを散らすと言う、日本人なら誰でも見入ってしまう光景にも出くわした。

保津峡駅下の「ビキニの瀬」で昼食。そこで先生の新艇スペースキャデットに隊長と俺が少しだけ乗せてもらったが、あきませんわ。ロールが全く上がらない(^_^; 後から聞くとCtoCでないと上がらないらしい。俺のやってるようなスイープロールではスターン(船尾)が水に食われて艇が立ち上がってしまうらしい。今年の初漕ぎで、初沈で、初沈脱してしもた(^^ゞ 幸先悪いなあ。。。。

で、みんなとはここで別れてJRでいざ車を回収、と思ったが間が悪いことに着替えている最中に列車は行ってしまった。30分ほど待ってやっと来た列車でスタート地点へ。そこで何艇かのラフトが出発準備をしていたのだが、ラフトガイドの中に知り合いの姿を発見!! 左のサイドバーにリンクを張らしてもらっている ふじきさん だ。彼とはもう十年ぐらい前にNIFTY-serve(当時)のFODS(カヌー&アウトドアスポーツフォーラム)やFKYOTO(京都フォーラム)で知り合って仲良くさせてもらっていた。ちなみに彼は「ビキニの瀬」の命名者。一緒に保津川を良く下っていた頃のことなので、その名の由来もよく知っている(^^) しかし、彼がラフトガイドになってからはなかなか会う機会もない。2年前に彼の所属するビックスマイルSRT-1の講習会を受けたとき以来だ。しばし近況などを話していたが、ラフトが出発すると言うことで別れた。ほんの少しの間の再会だった。

その後、ふじきさんから教えてもらった保津峡駅への近道を通り、艇を回収して用事のある場所へ向かった。しかし、もう約束の時間には間に合いそうもない。しかも観光客の車の渋滞で思うように走れない。結局1時間遅れで着いた。今まで外で遊んでましたとバレバレの、日に焼けた真っ赤な顔をして。すべて朝に寝坊をしたことが悪いのだが(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.10

ウェブログ化

色々なサイトがウェブログ化しているようだ。久しぶりに昨日見に行ったMAXのおもちゃ箱Waimanguがウェブログ化していて驚いた。東京福袋にもTokyo Fuku-blogなんて言うのがある。

右のサイドバーでリンクさせてもらっているところにも、普通のサイトからウェブログに移行したと言うところが割とあるようだ。

なんてったって管理がしやすいからなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.04.09

初漕ぎ

今度の土曜日は今シーズンの初漕ぎ。今年は桜の花もまだ保ってるので花見カヤックになりそうだ。と言っても午後から用事があるので、俺は昼で切り上げる予定。途中でみんなを見送ることになる。

で、防寒用の装備の確認をしていた。ウェットスーツは昨秋から人に貸したままなのだが(その間、川に行ってなかったってこと(^_^;)、当日持ってきてくれる予定。探して見つからなかったのがヘルメットの耳当て。今使っているのはRAGEのヘルメット。ここにも書いてある通り、これはすぐれもの。内装を取り替えるとスキーにも使える。このことに関してはまた後日書こうと思う。とりあえず土曜日はスカルキャップで凌ぐとするか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.04.05

私信

ねこ さんへ
とも さんには絶対にここのURLを教えないように。
好き勝手書けへんようになるやん(^_^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.04.02

主任者

4月1日付で主任者に選任されたのだ。でも、手当が付くわけでも無し、社会的地位が上がるわけでも無し。雑務が増えるボランティアなのだ(T.T)

主任者としての仕事を、なって早々の今日やりましたがな。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.01

風呂に入れない

出張から帰ってきたら家の風呂に入れなくなっていた!! 

と言っても、前もってわかっていたことなんだけどね。3週間ほど家の風呂が使えない状態なのだ。と言うわけで、しばらくは銭湯通いを強いられる。普通の銭湯は近所にないので、割高にはなるが近くのスーパー銭湯へということになる。でも、エグザス(コナミスポーツ?)に行くときは帰りに風呂に入って来れば良いので、そんなに何度も行くことにはならなそう。極端な話、風呂に入りにだけエグザスに行っても良いし(^_^;

ただ困るのが髪の毛なんだなあ。前にも書いたとおり最近は自分でバリカンで坊主頭にしている。刈った後の毛の処理が面倒なので、普段は防水タイプのバリカンを使い、風呂に入った時に刈っている。それは望むべくもないのだけど、部屋の中で刈るとしても、服に髪の毛が付くと困るので裸で刈ることになる(もちろんパンツぐらいは履くけど(^_^;)。そうなると体は毛だらけ。シャワーがないとねえ。
普段は2週間おきぐらいに刈ってるから、延びてくると気になって。しかも、髪が長くなると目立ってきて.....>何が?(笑)

久しぶりに散髪屋にでも行こうか。そう言えば、散髪屋に行ったのって去年足にギブスをはめていた時以来かなあ。この間、新しくQBハウスができたって言うポスターを見かけたから、試しに行ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »