無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.25

カナダの写真

やっとモントリオールの写真を「SDS-PAGEs」のフォトアルバムのサイトにアップした。と言っても今回はアウトドア・アクティビティーは全く参加してないので普通の観光写真になっている。実は土曜日にすでにアップしてたのだが、キャプションがまだだったし、俺の素顔の“どアップ”も公開されていたりしたのでちょっと修正。素顔が見れた方はラッキーというか、ご愁傷様というか…

前回カナダに行ったとき(1997年)はバンクーバに滞在したのだが、ウィスラーでも2泊してラフトに初めて乗ったり、カヤックに乗ってゴールデンリバーを下ったりした。バンクーバでもフィヨルドの中をシーカヤックで漕いだっけ。MECも探し回って買い物もしたし。スキャナー買って、その時の写真をアップするって言うのもありかもしれない。そのころの写真って全然整理してないし。アルバムにすら貼ってない。

毎回の恒例でカヌー関係の雑誌は購入したので、それはまたアップするつもり。って、二ヶ月も経ってんのに何してんねん(。_・☆\ ベキバキ

ついでに、“北山通りハロウィン祭り”の写真もアップ。本当のハロウィンはまだ早いのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.23

大増水(こうさぎ)

うさとがSANOSHIが田楽で田楽とか(した。
ところがうさとは、京都で地方裁判所は独立した?
ところがきのうは参加したよ♪
大変。

*このエントリは、こうさぎの「うさと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

京都府南部の台風被害

全国的に報じられているとおり府北部の被害は甚大だ。
府南部の被害状況を京都新聞電子版から拾ってみると

■クスノキ倒れ「錦水亭」直撃 乙訓地方の台風23号被害
■倒木が民家の窓を突き刺す 山城地方の台風23号被害
■市民ら懸命の復旧作業 京都市内の台風23号被害
■神木ツクバネガシ折れる 京北町・白山神社 台風23号で

今更ながら”トカゲ”の猛威を再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.21

大増水

前評判通り、台風23号は各地に被害をもたらしているようだ。京都府でも北部は大変なことになっているようだが、幸いなことに南部では今のところ被害の報告がないようだ。(→追記)

とは言うものの川は大増水しているのには間違いない、kengochiさんの「@PARALLEL MINDS:台風で五条大橋が!」と「続:台風で五条大橋が!」では鴨川が大変なことになっているし、はっちんさんの「保津川下りの船頭さん:保津川大氾濫!決死の舟上げ!」ではそれこそ決死の作業をされたようだ。ご苦労様です。

下の写真は、その保津川の下流にあたる桂川の橋の様子。通りかかったら、橋のすぐしたにまで水が来ていたので思わず堤防に車を停めて写真を撮ってしまった。もちろん車を停めた堤防からも水面はすぐそこに見える。河川敷は遙か水面の下。他にも車を停めて川を眺めている人が数人いた。もう少し雨が続いていたら決壊していたかも知れない。

katsuragawa.jpg
今回の23号も含めて、台風の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。また、これから通過する地域の方々は十分お気をつけください。

《追記》
夜の時点ではわからなかったが、京都市内もやはり例外ではなかったようだ。

京都市災害対策本部によると、桂川の渡月橋北側付近のホテルや民家などが浸水し、鴨川も増水した。左京区静市で床上浸水が1件、右京区嵯峨などで床下浸水8件。左京区鞍馬など5カ所で土砂崩れや石垣が崩れた。通行止めは西京区嵐山の市道など7カ所。

京都新聞電子版 より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.20

ecto再び

amerioさんも絶賛ecto。実は3月頃に試用してて便利だったんだけど、無料で使えるweLogeを教えてもらったのでそっちを使ってた。でも俺の使ってる環境とは相性が悪いのか、なかなかちゃんと働いてくれない。仕方ないのでオンラインでのアップロードと併用して、だましだまし使っていた。ところが、最新のバージョンではアップロードしようとすると落ちてしまって、全く使えなくなってしまった。個人で開発されているフリーウェアなのでいろんな環境に対応するのは大変なんだと思う。

で、しばらくはずっとオンラインで書き込んでいたのだが、久しぶりにectoをダウンロードして使ってみたところ、これがすごく使い勝手が良い。バージョンが上がって画像のアップロードも以前よりすっと楽になっている。この2週間ほどは全てectoでアップしていた。今日とうとう試用期間が過ぎたが、もうこの快適さは手放せないということで購入することに決定。これからはオフラインで楽々アップロードなブログライフかな。

《10/21訂正》
weLogeが落ちるのは過去のエントリーを読み込もうとしたとき。アップロードに関しては問題ない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.17

宇治田楽

土曜日に宇治川の中州、塔の島で行われた、「宇治田楽」を見に行ってきた。前の職場の同僚が数年前から参加してるそうで、お誘いを受けたのだ。「田楽」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは食べ物の方(^^ゞ 日本の昔の芸能だということぐらいはわかるのだが、農民から広まった芸能で能や狂言の普及ですたれたと言うぐらいしか知識が無く、具体的に現在どういうものを「田楽」として演じられているのか全くの予備知識無しに見に行った。

Webサイトにも書いてるように現在演じられている演目は「宇治田楽」のオリジナルらしい。宇治らしさを出して茶摘みを題材にした演目なんかもあった。躍動感があまりうまく伝わらないかもしれないけど、写真をこちらのフォトアルバム(Photo Album)の「MIscellaneous Photos」にアップしたので、どうぞ。

Image-1D24A1721Fc111D9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファイントラック新製品

この夏、衝撃的なデビュー(?)を飾り、日本のパドラーの間でまたたく間に広まったファイントラックフラッドラッシュ。今回、秋冬シーズンの新製品が出るらしい。その名も「フラッドラッシュスキン」

創り手が遊び手であるfinetrackが提案する新発想のベースレイヤー。好評発売中の耐久撥水・保温素材のフラッドラッシュシリーズの生地を極限まで薄く加工したものがフラッドラッシュスキンです。ベースレイヤーに撥水素材のフラッドラッシュスキンを着用し2ndレイヤーに吸汗性のウエアを着用することにより、登山・スキーツアー等での汗の付着したウエアによる不快・冷えを防ぐ新発想のウエアです。

今まで寒冷時のアウトドア・アクティビティーではウェアー、特にアンダーウェアーは速乾性のものというのがレイヤリングの基本だった。撥水素材のアンダーウェアを着るという発想の転換。ウォータースポーツのアンダーウェアとしても使用可能だということだ。

カヤックでのフラッドラッシュの使い心地が良かっただけに、気になる製品だ。

その他にソフトシェルのジャケットとツェルトが販売されるらしい。両方ともこのシーズンに購入を考えていたものなので、候補のうちの一つとして検討してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.14

talby

ずっと使っているG’zOne携帯。最近バッテリーの保ちが悪くなってきている。カシオも後継機種を出す気が全くないようだし、そろそろ観念して新しいのに替え時かなあと思っていたところ、auから新機種の発表があった。その中に非常に購買意欲をそそられる機種があった。それが「talby」。Infobarに端を発したデザインプロジェクトの一環だそうで非常にシンプルなデザインになっている。今時の携帯のように機能満載でゴテゴテしているということもなく、それも好感を持てる要因の一つ。

防水ケースでも売り出されたらすぐにでも買うのだが。もちろん、カヤックやスキーの時には水濡れの心配があるからと言うのもあるが、これぐらい薄型だとアウトドアに持って行った時、何かの拍子に折ってしまいそうだ(^_^; 防水ケースがあれば、それをプロテクター代わりに使うと言うこともできる。逆にこのぐらい薄型だから、防水ケースに入れたままでもかさばらず持ち歩けそう。

Talbyという名前はジョン・カーペンターが監督したSF映画(と言って良いのか?)「ダーク・スター」の登場人物の名前から取ったそうだ。何というカルトな命名!! あの映画は、どこから見てもビーチボールにしか見えない異星生物(って言うか、正真正銘ビーチボールなのだが)と、ラストシーンのスペースサーフィンの印象が強烈で…

《追記》
同じことを考えている人がいるようで

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2004.10.11

新サイト開設

前にも少し書いたが、以前から公開していたアルバムサイトとこのブログの共通の入り口として新しいサイトを作る準備を進めていた。まだまだ不備なところが多いんで手直しをするつもりだが、とりあえず人に見てもらえるような形になったんで、ここで公開。結局、@niftyのサーバ−上に作った。

サイトの名前は「S's Digital Scenic Pages」略して「SDS-PAGEs」。以前のフォトアルバムサイトと略称を合わせた。というより、元々こういう略称のものが他にあったから。まあ、わかる人にはわかりますわな(^_^; だから「Scenic」以外の単語で、もし他に「S」で始まるふさわしい単語があれば、みなさん教えてください。

これを機会に左カラムにあったブログ以外のサイトへのリンクは、そちらの「Links」へ移動。カナダのあとで訪れたアリゾナやサンフランシスコの写真も公開中。カナダの写真も近々公開の予定。でも、カナダのレポートは一体いつになったら書くんだろ(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.09

MyblogListとBlogPeople(こうさぎ)

きょううさとは、奈良で女性は出発するはずだったの。
面倒。SANOSHIは、

右カラムのリンク、MyBloglistとBlogPeopleを整理した。
できるだけMyblogListを優先した。
できるだけMyblogListを優先した。
できるだけMyblogListを優先した。
逆にココログでMyblogListにもBlogPeopleにも登録してあるようなら極力そっちの方にリンクを張っていたブログも、MyblogListに登録していないところはBlogPeopleにもBlogPeopleにも登録していたブログも、MyblogListに登録してあるようなら極力そっちの方にリンクを貼り替えた。
逆にココログでMyblogListに登録していたブログも、MyblogListに登録していたブログも、MyblogListにもBlogPeopleにもBlogPeopleにもBlogPeopleにもBlogPeopleに移動。
これはココログの仕様上、設定でweblogscomにはpingを送れるようになっているので、それを拾えるBlogPeopleなら更新情報を反映できるから。
というわけで、今までBlogPeopleでリンクを貼り替えた。
できるだけMyblogListを優先したので、該当するみなさん、よろしくお願いします。
PS カナダのレポートはもう少しお待ちを。

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うさと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.06

復活の牛丼

最近、人のブログに書いてある食べ物が気になって、はなまるうどんに行ってかま玉食べたり、ココ壱に行ってチーズカレーを食べたりしてるけど、牛丼が復活しているとなるとそれも食べないとね。ということで、すき家の新・牛丼。豚汁サラダセット。

gyudon.jpg

これが、”ギュウ”の発現か…?

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2004.10.05

迷惑メール

この日曜から、日本語の迷惑メールがもう8通も届いている。英語のSPAMメールは今までも山ほど届いていたが、日本語のがこんなにかたまって来たのは初めて。

来たのはこんな文面。

私共のグループでは男性様は一切のご負担なくご紹介致します。 私共は女性だけのグループです。 貴方様にメールをさせて頂いたのは理由があります。女性の登録数が増え、男性のご登録が非常に少なくなり貴方様にメールをさせて貰いました。 一日最低10万円のお礼額は確実に決めております。 下記に「紹介希望」とご記入のうえご返信下さい。 返信を頂いた方にはご紹介する予定の女性の写真をお送り致します。 顔を見てご判断できますのでご安心下さい。

もう一つはこんなの

明日からの10日間の間、各地域、各都市で大人のパーティーを開催致します。 今回の女性がベースで男性はゲストですので、ご負担なくご利用する事が出来ます。 女性は全て高級でセレブな女性のみで構成されていますので、Hだけではなく、金銭面での男性様へのフォローも確実!パーティー終了後はお気に入りの女性をお選び頂き、逆援助生活を開始して下さい。 貴方様のご地域のみ送信頂ければ、開催地・女性の情報(写真付)男女比率等を返信致しまして、 参加、不参加をお決め下さい。 尚男性様には一切のご負担はおかけ致しません。

ご丁寧にも連絡先のアドレスはすべて変えてある。せっかく素直に興味持った人も、こんなに同じ文面のメールが何通も来たら疑ってしまって、逆効果じゃ?

| | コメント (11)

裁判所からの手紙

職場に東京地方裁判所からの封書が届いた。 この間、架空請求が職場にも届いていたので、少額訴訟を起こす悪質な新手の架空請求かと思い、面倒なことになったなあと思った。まあ対処法はネットで公開されてるし何とかなるか、と思い切って封を開いた。そうしたら、何のことはないある組織の破産宣告の通知だった。驚かせやがって(;^_^A アセアセ…

その組織に事務を委託しているところに会費を払っているので破産のニュースは気になってはいたが、もう随分経つし何を今更と思ったが、中身を良く読んでみるとそこに事務を委託していたところから雑誌の定期購読料の再請求があるかもとのこと。破産債権届をする人は郵送してくださいと言うことだった。今のところ雑誌は届いているし、購読料再請求のことも聞いていないので問題ないだろう。手続きしても配当は少ないらしいし。

ちょっと人騒がせな郵便だった。

kakuseikyu.jpg

これは以前職場に届いた架空請求葉書に書いてあった注意書き。ちょっと読みにくいが「弊社は最近多発している悪質な架空請求の業者ではありません。」と書いてある。なんだかなあ。請求用のバーコードなんかも付けてあり、凝ったものになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »