無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.30

今日のチョコQ(9-11)

sawagani

サワガニ 淡青色型(十脚目サワガニ科)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.29

Oxygen Enhanced Water

カナダネタ二つめは飲み物の話。

まだ旅立つ前の6月。たまたまつけていたテレビ番組でカナダでは今酸素吸入ブームだという話をしていた。番組自体は酸素吸入で体脂肪を燃やそうという話題だった。酸素吸入が本当に体脂肪率の低下に結びつくのかどうかはさておくとして、それまであれだけ活性酸素を悪玉扱いしてきた番組なのに、今度は酸素吸入を勧めるなんて。いくらバラエティ番組だと言っても、一貫性がなさ過ぎる…

その後、カルガリーに行った としさん の「from TSUKUBA: Oxygen Water」でも、他の飲み物に滴下して使用するタイプの酸素サプリメントが紹介されていた。日本にも輸入されていて、買うことも可能らしい。

で、カナダ訪問。モントリオール到着の夜は時間が遅く、食いっぱぐれてしまったせいで空腹のまま寝てしまった。翌朝、これから5日間通うことになる建物を下見に行ったは良いものの、やはり腹が減って仕方がない。建物の中にちょうどコンビニのような店があったので、何か食い物をと思って物色していると飲み物が入ったショーケースの中に、なんと「Oxygen Enhanced Water」なるもがならんでるではないか。としさんの書いていたような他の飲み物に添加するものではなく、ペットボトルに入った清涼飲料水。興味はあったが、その時はサンドイッチと水を買って外のベンチに座って食べた。(あとで気づいたのだが、ホテルの料金に朝食が付いていた模様(^^ゞ)

そのコンビニにはATMがあったこともあり、その後も何度か入るうちにやはり気になって買ってしまった(^_^;

Oew1
ラベルには酸素分子の電子配置モデル

Oew2Oew3-1
フレーバーは“Fruit-Citrus”と“Berry-Citrus”

Oew4

恒例の成分表示。これはどちらのフレーバーでも同じ。

ふたを開けても炭酸飲料のように泡が出るわけではない。本当に酸素濃度が高いなら溶存させるための化合物が含まれているのかと思ったのだが、この成分表だけではわからない。また、溶け込んだ酸素による他の成分の酸化を防ぐ必要もあると思うのだが“SODIUM BENZOATE(TO COSERVE FRESHNESS)”とあるだけ。安息香酸に抗酸化作用なんかあったけ?

気になる効き目だが端から効果を期待していなかったので、単に普通の飲み物としておいしくいただきました(^_^; 飲み物に酸素が含まれていたとしても、いったいどれだけ消化器から吸収できるんだろうか。ドジョウじゃあるまいし。それにホントに酸素が腸まで届いたら、嫌気性であるところの腸内細菌が死んでしまうぞ。

日本でも確か同じようなコンセプトのミネラルウォーターが売っていたような気がするが、どうなったんだろう。

《追記》
ダンディ☆和田さんの「ダンディのるつぼ:ほぼ徹夜でドヨヨ〜ン」についていたコメントによると、「ためしてガッテン」では酸素吸入による活性酸素発生増加に対する警告が紹介されていたそうだ。まだそう言う点でNHKは良心的なのかな。酸素は生物にとっては「毒」なんだから気をつけて使わないと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.27

今日のチョコQ(9-10)

tsunoshimakujira

ツノシマクジラ(クジラ目ナガスクジラ科)

今回のシークレット

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.26

モントリオールの「Om」

モントリオールでの話題を二つほど。なぜ今更その話題なのかというと、トラックバックしようとして、せっかく現地でネタ集めしていた話題だから(^_^;

まずはチベット料理レストランの「Om」。すしさんの「モントリオールで瑞夢:チベット料理「Om」」で紹介されていたレストラン。

着いて3日目の夜、夕食をどうしようかと何人かで話していたときに「こんなところもあるよ。」と上のエントリーをプリントアウトしたものをみせたところ、そこに行くことに即決。ちょっと遠いけど歩いていくことになった。その時の道の様子は「SDS-PAGEs」のフォトアルバムにも収めてある。

随分歩いてやっと到着したが、夜で暗いせいもあってちょっと入りづらい雰囲気。でも勇気を出して入ってみると、こじんまりしていてなかなか良い感じの店だった。5人で行ったので中央の大きなテーブルに座る。メニューを渡されて説明を受けるがどれを選べばいいのか皆目わからない。とりあえず、すしさんの頼んだのと同じのを食べてみようと言うことになり、持ってきたプリントを見ながらラムカレーとビリヤーニとチーズのモモを頼んだ。店の男の人が「その紙に書いてあるのは中国語ですか?」と聞いてきたので「いえいえ、日本語です。」と答えたら、彼は日本語を見るのは初めてだとのこと。でもあとで話を聞くとおばさんが日本人だそうでヽ(。_゜)ノヘッ? 彼が すしさん のブログにも出てくる「坊主頭の方」だろう。この時はもう髪も伸びていて坊主頭ではなかった。

出てきたモモにはソースが付いてきた。少し辛いもの、とびきり辛いもの、甘いもの*。俺はどれでもおいしく食べられたが、一番辛いソースはみんなには不評だった。

一緒に行ったメンバー中3人は20代の若者のだったので料理がそれで足りるはずもなく、ベジタブルカレー、ライス、牛肉のモモを追加した。あれ?最後にはもう食べられないって言うぐらいになったはずだぞ。他にも何か頼んだんだっけ… 帰ってすぐに書かないからこういうことになる(^^ゞ

牛肉のモモは形は餃子そっくり。店の人もそれを知っていて、「そのモモは日本の『ギョウザ』とそっくりでしょ。日本では何を入れるの?」と聞いてきた。う〜ん、餃子って日本料理じゃないんですけど(^_^;

デザートとして、これまたすしさんが頼んだライスプディングに挑戦したいという者がいたので注文する。俺はバター茶を頼んだ。チベットと言えばこれでしょ。チベットの人のカロリー源だと言うだけあって溶けたバターがたっぷり入っていて、表面を覆っている。実際飲んでみると塩味で、茶を飲んでいると言うよりはスープを飲んでいるような感じ。
デザートを頼まなかった人にはコーヒーをサービスしてくれて、ちょっと恐縮。

帰り際に「Good nightは日本語でどういうの?」と聞かれた。そして彼は「オヤスミナサイ」と我々を送り出してくれた。

《*12/21追記》
モモのソースは辛いものと、甘いものと、ミントの三種類だった。忘年会(の様なもの)で一緒に「OM」に行った人たちと話をしていて確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のチョコQ(6)(こうさぎ)

きょうは中央が1した。
でもきのううさとが、登録したかったみたい。
さのしは、

ヤエヤマミナミイシガメ(カメ目イシガメ科)「今日のチョコQ」のエントリーは“ダブり”が出た場合はアップしてないので、あしからず<m(__)m>

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うさと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi

風のたより〜山川野遊びのススメ〜」の本丸さんにご招待をお願いして、ついこの間mixiに登録した。さすが登録人数の多いSNS。いつもブログを読ませてもらっている方たちをすぐに見つけることが出来た。さっそくお知り合いの登録をしてもらった。

と言うわけで、mixiの住人の方々、もし見かけられたらよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.25

今日のチョコQ(9-9)

Pict0003

サワガニ 赤褐色型(十脚目サワガニ科)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.11.24

自宅のPowerBook、やっと復旧

実を言うと先週から自宅で使っているPowerBookG4 DVI/667 MHzが起動しなくなっていた。パーティションを切ってOSXとOS9のデュアルブートにしてあったのだが、どちらからも立ち上がらない。仕方ないので職場で使っている私物のPowerBookG4 1GHzを、夜に持って帰っては、翌日朝にまた持って行くという不便なことをして、この1週間凌いでいた。

TechToolProNortonSystemWorksでしつこく修復したが直らない。仕方ないので1 GHzをホストにしてターゲットディスクモードで立ち上げたDVIから外付けHDにデータを一旦待避させて、OSをインストールし直すことにした。しかし、最近のHDは容量が大きすぎてデータのコピーにえらい時間がかかってしまう。この間の日曜日にやっとOS9で立ち上がるところまでこぎ着け、今日やっとPantherでも立ち上がるようになった。

ふぅ〜、いろいろとソフトをインストール仕直して、あとはVirtualPCをインストールするだけだ。これは先日のOffice2004へのアップグレードの時に一緒に注文したものだ。一旦インストールしたものの、ブートボリュームの容量が少なすぎるのでアンインストールしてそのままになっていた。パーティションを切り直してブートボリュームに少し余裕が出来たから、今度は大丈夫だろう。

この冬にカシミール3Dを使いたいがためだけに買ったVirtualPC。にしび〜さんの「にしび〜の日記:地図の便利ネタ その1」にもあるが、Macユーザーでそんな人は多いんじゃないかな。でも、推奨がCPU 700 MHz以上なのに667 MHzで動かそうって言うんだから…(^^ゞ さて、GPSはどれが良いんだろ?

と言うわけで、もうこんな時間なのでコメントの返事は明日つけます <m(__)m>

あ〜あ、結局今日も紅葉見に行けなかったなあ。今度の日曜日でもまだ間に合うかなあ。

PS:そう言えば無線LANの設定もまだだった (´ヘ`;)ハァ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.11.22

ボールは友達…じゃない

今でこそ、夏にはカヌーだ、冬はスキーだ、仕事帰りにエグザスだ、なんて話だけ聞いているとなんだかスポーツマンのように聞こえてくるが、元々はインドア派。それと言うのも元来運動オンチだから。特に球技は全く駄目。

小・中・高と学校の体育というと大半の時間が球技。普通の子がどちらかというと嫌がる器械体操や長距離走の方が好きだった。もちろん休み時間もボール遊びをすることが多い。ドッジボール、円陣バレーはもとより、元大中小、バラ当て。死刑なんて言うのもあったな。休み時間、みんながボール遊びをしているの尻目に1人教室に残ってボーッとしてるなんて言うことも良くあった。

小学校の時に踏水会の夏期講習(今はもう開かれてないけど)に行ったこともあり、唯一得意と言えるスポーツが水泳だった。本当は中学校で水泳部に入りたかったけどプールがなかったので吹奏楽部に。別に名前が似てるからって言うわけではなく(笑)、入学式での生演奏に感動したから。高校は色々事情があって帰宅部。

大学では交響楽団や吹奏楽部にも見学に行ってさんざん迷ったあげく、結局プール掃除の日から水泳部の一員になった。事前の見学では初心者大歓迎と言うことだったので。と言っても、うちの大学ではどの体育会系クラブでも初心者大歓迎なのだが。水泳部の中では水球をやってる人たちもいて、そっちにも誘われたけど球技が出来なくて水泳部を選んだ俺はもちろん断った。

いくら初心者歓迎と言っても、そりゃ一応体育会だから毎日の練習は大変。それにいろいろとありましたよ。合宿の時の2部練習は寒いし、きついし、試合の度にコンパはあるし。ビアガーデンの時は公衆の面前で自己紹介しないといけないし、プールサイドコンパ(通称PSコンパ)では誰の目も気にしなくて良いのでそりゃもう大騒ぎ(^_^; 一回生の時はやめようと思ったこともあったけど、二回生になると後輩も出来て一応先輩としての自覚もできはじめ、立派な(?)水泳部の一員となり、4年間やめずに過ごし無事OB様(笑)となることが出来た。

スキーを体験したのは一回生の時。もちろんアルペンスキー。水泳部の先輩に誘われて、あるスキーサークルの企画に参加したのだが、初日からスクールで基礎からみっちり教わったおかげですぐにそこそこ滑れるようになった。その時に一緒に行った先輩(その時すでにOBだったんだけど)が今お世話になってるスキークラブの創設当時からのメンバーだと言うのが縁の不思議なところ。

考えてみると基礎から理論的にちゃんと教えてもらってるスポーツはちゃんと出来るんだよなあ。水泳しかり、スキーしかり、カヌーしかり。球技ほど反射神経が要らないというのも大きいとは思うけど。

未だにボールはうまく扱えない。投げるのも、受けるのも、打つのも。蹴るのだけはまだちょっとましかな。
今日は職場でバレーボール大会があったはず。参加しない俺はと言うと、紅葉も見に行くこともなく結局調子の悪いコンピュータを直して一日が終わった。

ーー
このエントリーは「掬ってみれば無数の刹那」のHOOPさんのご指名により、 【テキストサイトをつないじゃおうぜ】に参加しています。 トラックバック先は「空港の喫茶店でマッチョな宝石商に出会う」。

「スポーツ」をお題に何ぞ一筆お書き下さいませ。
本当は、どなたかにお知らせしなければいけないようなのですがここはブログ。トラックバックというステキな機能がある世界。と、いうわけで自主的に御参加下さいまし。(ルール変えたらだめ?)
はいはい、いつもいらして下さる皆様も、一見さんも参加可能ですよ〜。
書かれた後はテキストのあるURLをalbireo_oeribla@yahoo.co.jpまでお送り下さい。(主催されている方のメールアドレスです)

と言うことなので、どなたか参加してみませんか?

詳しくはコチラ
http://zaregoto2004.fc2web.com/index.html

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2004.11.18

今日のチョコQ(9-8)

aokanahebi

アオカナヘビ(♂)(トカゲ亜目カナヘビ科)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.17

フェザー角度0大作戦

この間から使っているseven2のパドル、初めてのフェザーアングル45°なのでこんなもんだと思っていたが、何人もの人に指摘されてようやく現実を受け止められるようになった。

これってやっぱりフェザー付いてないよなあ…
Pict0023Pict0022Pict0024

| | コメント (15) | トラックバック (1)

木津川(潜没橋〜笠置)

その昔は正月2日から保津川を漕いだりしたというのに、スキーを始めたこともあってこの3,4年は11月以降に川に出ていない。日曜日、久々にこの時期に川に行ってきた。木津川だ。

木津川の笠置と言えばフジタカヌーのお膝元。笠置より下流、泉大橋までのコースは初心者を連れてのツーリングで一時よく利用していた。そう言う時は俺はカナディアンでの伴漕。実は俺のカヤック初体験も笠置からのコースだった。

その日は笠置より上流のコースを初めて下った。163号線の笠置トンネルを抜けると見えてくる沈下橋が今日のスタート。後から調べると潜没橋と言うらしい。ウェットベストとフラッドラッシュの上に、まるでこの日が来るのを予想していたように撥水処理をしておいたドライトップを着込み、いざ出発。この日は初心者の女の子も一緒だった。ブログには書きそびれていたのだが9月末に一緒に北山川を下った子。パーセプション・ウィペットを駆っての出陣。あれ以来、数回カヤックで川には出ているそうですっかり川の魅力にはまった様子。でないと水の冷たいこの時期に川下りをしようとは思いもせんでしょ(^_^; 木津川は生活排水が流れ込んでいるので、暖かい時期だと水が臭うときがある。どちらかというと今のような時期に下るのがおすすめ。

途中、ロールやフェリーグライドの練習をしながら、わりとのんびりしたコースを下る。波が高くてビックリはするような瀬もあるが、そんなにパワーがないのでちょっと拍子抜けしてしまうようなところも。

Pict0007

まっちゃんのロール練習

最後に控えるのが岩がらみのいやらしい瀬。流れが正面にぶち当たっているので、コース取りをしっかりしないと沈をする。今回、俺もちょっとコース取りを間違えて岩に寄り過ぎてしまった。スターンをミニホール状態になった落ち込みに食われてしまいあせったが、ブレイスで何とか切り抜けた。

件の女の子はなんと、この瀬の直前で沈!! 艇は流れるのに本人がなかなか浮き上がってこない。心配したがそのうちポカンと浮き上がってきて一同胸をなで下ろした。

今日のツアーはここでおしまい。短い行程のツーリングだったが、この時期に行けたのはなかなか良かった。
但し、最後の瀬でレスキューしてたときに粗沈して、ロールしたはずみにシールマスクがはずれて川の中に沈んで行くなどという損失を除けば(T.T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.15

今日のチョコQ(9-7)

bakedara

バケダラ(タラ目バケダラ科)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.14

カウンター再設置

以前設置していたカウンターは@niftyのアットホームページから引っぱってきたものだった。「SDS-PAGEs」のサイトを作るにあたって、そのカウンターを使うことにしたので、ブログにはしばらくカウンターを付けていなかった。アクセス解析で訪問者数は大体把握できるから良いかなと思っていたので。

でも今回、さくらさんが作った新しいブログでカウンターの付け方を訊いていたのに刺激を受けて、もう一度設置し直すことにした。カウンターはアクセス解析サービスを使わせてもらっているXREA.COMのものを使用。アットホームページのカウンターと違って、昨日や今日の訪問者数の表示も設定できる。重複カウントをするかどうかの設定も切り替えられる。さて、今後のカウントアップの様子はいかに。

ついでに左のサイドバーにあったバックナンバーを非表示にして、アーカイブページへのリンクだけ残した。ココログの仕様でトップページでの表示は半年前までしかされないようだ。そのままだと、新しく訪問してくれた人はおそらくトップページを見て、このブログの開始時期が半年前からだと思ってしまうだろう。せっかくだから昔の記事にも興味を持ってもらいたいしね…

ココログ・プロにしてCSSをいじればいろいろなことが出来るんだろうけど、勉強するのが面倒だし(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.12

今日のチョコQ(2)(こうさぎ)

うさとは月橋で放浪しなかったよ。
ギリギリ。

*このエントリは、こうさぎの「うさと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

今日のチョコQ(9-6)

ishigame

ヤエヤマミナミイシガメ(カメ目イシガメ科)

「今日のチョコQ」のエントリーは“ダブり”が出た場合はアップしてないので、あしからず<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑い人

昨日から今日の未明にかけてのアクセス解析を見てると、「プラネテス 漢字」、「プラネテス 漢字で」、「プラネテス 漢字3文字」などなど、「プラネテス」の漢字表記を探している人たちの訪問がやたら多い。以前のエントリー「ΠΛΑΝΗΤΕΣ」がひっかかってるんだろうけど、「プラネテスを漢字3文字で書くと?」なんて言うクイズでもしてるんだろうか?

「πλανητεσ」は英語の「planet」の語源。天球上での位置関係が変わらない「恒星(英語でstar、厳密に言うとfixed star)」に対する言葉で、天球上をうろうろする星であることから「さまようもの」と言う意味でつけられた。英語の「planetary」にも「放浪する」と言う意味がある。日本語の「惑星」や「遊星」もこれらの語源をふまえて作られた言葉。惑ったり、遊んだりしてる星。だから「さまよえる惑星」とか「放浪惑星」とかは語源を考えると変な日本語(このSF小説のタイトルについてはここを参照)。今となっては「惑星」と言う言葉には「恒星の周りを回る冷たい星」と言う意味しか持たせていないから、おかしくはないんだけど。そう言えばウルトラセブンのサブタイトルに「散歩する惑星」なんて言うのもあったな。リッガーとカプセル怪獣アギラの登場話。

「プラネテス」のアイキャッチは「πλανητεσ」の元々の意味をいろんな言語で表記したもの(だと思う。確認してないんでこの辺は不確か)。その中での漢字表記が「放浪人」。原作マンガの方はどうしてあのタイトルにしたのかわからないけど、少なくともアニメーションを作るにあたっては「プラネテス」と言う言葉を「惑星」と「放浪する人」のダブルミーニングで解釈しているんだろう。第25話のサブタイトルはそのものズバリの「惑い人」らしい…

まあ、とりあえず2週間の休みを経て放送が再開されたんだからそれを楽しみに見ると言うことで。

《追記》
Web検索してたら「散歩する惑星」と言う映画があるそうで。そう言えば宣伝のチラシを見たことがあるような。
「セカチュー」と同じようなタイトルの付け方?
「世界の中心で愛を叫んだけもの」→「世界の中心でアイを叫んだけもの」→「世界の中心で、愛を叫ぶ」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.10

秋の安芸の宮島

11月6、7日と安芸の宮島に行ってきた。学生時代の研究室の毎年恒例の同窓会。研究室自体は教授さんの退官で“お取り潰し”にあってしまったので、今は現役の学生はいない。
OBが各地に散らばっているので幹事のご当地で開催することになっていて、毎回ちょっとした小旅行が楽しめる。とは言っても、研究室のあった京都で開いて欲しいという声も多く、2,3度に一回は京都で開いている。ただし研究室があったのは京都市内じゃないんだけどね(^_^; 京都に残っている者は少ないので、その度に仕事が回ってきてちょっと大変。来年は京都になりそうな予感。

のぞみ で広島まで行って、山陽線で宮島口駅へ。駅からフェリーの乗り場への道には紅葉饅頭屋が軒を連ねていた。そのままJRのフェリーに乗って、いざ宮島へ。到着する直前にシーカヤックを発見した。

Pict0023

まだ紅葉には早いかなあとは思ってはいたが、少々の期待は無きにしもあらずだった。でもまったく赤くなっていなかった。残念。島に到着すると真っ先に出迎えてくれたのは鹿たちだった。

Shikasenbei-1

鹿せんべいは“deer food”と言うらしい(^_^;

小学校の頃に宮島には来たことはあるがほとんど覚えていない。こんなに土産物屋がたくさんあったっけと思いながら、厳島神社の脇を抜けて今日の宿へと散策がてら歩いて行った。寝殿造りの建物は修復中だった。

Pict0045

修復中の舞台

到着して程なく宴会の開始。今回は参加者がちょっと少なめだったが、先輩、後輩と旧交を温めた。実を言うと仕事関係で会う機会の多い人もいるのでそれほど大げさなものでもないのだが…。この場で来年は京都で開くことが決定。やっぱりね(^_^;
睡眠不足がたたったのか、俺は二次会半ばでダウンして早々に寝てしまったが、みなさんは随分飲んだらし。

Pict0072

夕食に出てきたテナガエビ

翌日は遅めの朝食の後、潮が引いた大鳥居の近くまで行ったり土産物を買いながら三々五々解散。最後は後輩と2人で松大観光のフェリーに乗り、渡ったところで土産の牡蛎と紅葉饅頭を買い、穴子を食べてから別れた。特に急いで帰る用事にもないので、広島市内まで広電に乗って帰ることにした。JRのシティーライナーに比べると倍の時間がかかる。

Hiroden

宮島口駅に停車している広電

途中、原爆記念公園の近くを通ったりしながら、のんびりと広島駅に着いた。と、ここで新幹線に乗ってしまえばすぐに帰れるんだろうけど、帰りは長距離バスに乗ることにした。新幹線の半額の料金で昼発の高速バスが京都まで走っていることは、出かける前にすでに調査済み。長距離バスに乗るって言うアイディアは、誰かさんのブログの影響(^_^; 無事、チケットを購入したが、バスが出るまでにまだ2時間半ほど時間がある。どこかに出かけても良いんだけど、交通機関が良くわからないし時間までに戻って来れなくなるといけないので、駅前をうろつくことにした。

と言っても行けそうなところは限られてくるわけで、結局本屋巡り。別に京都でも買える本ばかりなんだけど、買い込む買い込む。

  • スキージャーナル12月号(付録の“The Last Frontier Vol.5”が目的)
  • ココログオフィシャルガイド
  • 筋肉おやじとアブラミ君
  • ロープワーク・ハンドブック
  • バックカントリー120ルート第1巻

最後まで見つからなかったのが「バックカントリー120ルート」。福屋のジュンク堂に寄ってようやく見つけられた。ここで驚いたのはエスカレータの降り口で店員さんが「いらっしゃいませ」と言いながら深々と頭を下げていること。京都のデパートではそんな光景見たことがない。時間帯にも寄るのだろうけど。

ここのジュンク堂は、最近多いワンフロア全体が本屋になっている形式。関西以外でもジュンク堂てあるんや、と思いながら本を探す。お目当ての本を買った後も興味のある本棚を色々見ながらうろうろ。ちょっと落ち着こうと思い同じフロアにある喫茶コーナーで休憩。カウンターの前はガラス張りになっていて非常に良い眺望。買ったばかりの本をパラパラめくりながら時間を潰した。今タイトル画像に使っているのはその時に撮った写真。

Pict0109

さて時間になったのでバスターミナルへ。途中飲み物と甘栗を買い込んでバスに乗り込み京都まで6時間。途中に停まったバス乗り場から、夕空をバックにしてビルの合間に原爆ドームが見えた。

Pict0117

高速に入って、京都に着いたのは午後9時少し前。大階段の方を見上げると大きなクリスマスツリーに灯がともっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

今日のチョコQ(9-5)

hyan

ヒャン(ヘビ亜目コブラ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.06

西へ…

先週の岐阜に続き、今週は広島へ。こういう時カメラ付き携帯だと写真が送れて、フォトログ風になっていいのかも。

紅葉はまだ早いかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.05

今日のチョコQ(9-4)

hanmyo

ハンミョウ(甲虫目ハンミョウ科)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハンミョウ

2,3年前までは毎週のように通っていた和知。俺のカヌーの原点。

その和知でハンミョウに良く出会った。それまでもおそらく山道なんかでは見かけてたんだろうけど、チョコQの説明書にも書いてあるとおりハエやハチに間違えてたんだろう。別名の「ミチオシエ」の名の通り、肩に重いカヤック(そのころ乗っていたのは「ダンサーPRO」)を担ぎながら歩いていると、前の方を少し飛んでは着地、近づくとまた少し飛んでは着地して、本当に道を教えているようだった。その愛嬌のある飛び方を見ていると、ちょっとはカヤックの重さも減ったように感じた、かな?

しかし、道の駅が建つに伴い、川沿いの道を遊歩道としてアスファルト舗装してしまってからは、とんと見かけなくなってしまった。おそらく幼虫の住処が無くなったんだろう。道の駅は便利には使わせてもらっているけど、ちょっと寂しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.04

今日のチョコQ(9-3)

tamashigi

タマシギ(♀)(チドリ目タマシギ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetNewsWire Lite

この間のバージョンアップからPulpFictionLiteの調子が悪い。RSSを読み込むときに偉い時間がかかってレインボービーチボールが回りっぱなしになる。他のアプリケーションの動作にも影響が出てしまう。仕方ないので、他のRSSリーダが無いか探していたところ、ectoのどこかの設定にPulpFictionとならんでNetNewsWireと言うものが選択できる箇所があった。と言うことでしばらくの間NetNewsWireLite(どっちにしてもLiteなんだけど)を使ってみることにした。

うーん、これは使い勝手良いかも。ネットで見てみるとNetNewsWireよりPulpFictionの方が使いやすいという声が圧倒的に多いのだが(日本語のサイトでだけど)、NIFTY-serveの自動巡回ソフトNiftermにも似た操作性で古い人間の俺にとっては使いやすいかも。ブログごとのログの管理というのがパソコン通信の会議室ごとのログ管理に通じるものがあって、PulpFictionのエントリーごとの管理より馴染みがある。PulpFictionの方が機能的に優れているところもあるが、しばらくこれで行くことにしよう。

PulpFictionLiteもこの間のバージョンアップでブログごとの管理が部分的に取り入れられたようなので、そのさらなるバージョンアップを見ながら使うRSSリーダを切り替えてきたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.11.02

今日のチョコQ(9-2)

hai

ハイ(ヘビ亜目コブラ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヤッカーズ・マリッジ

土曜日は午前中に歯医者に行ったあと結婚式の二次会に出席。6時半からだったんだけど、岐阜までの遠出なので車を走らせた。場所は長良橋のすぐ近く。会が終わったあと長良橋の袂でキャンプと洒落込もうという予定だったが、天候はあいにくの雨。一応キャンプの用意は車に突っ込んできたものの、東に向かうに連れて雨脚は強くなるばかり。

新郎とはniftyのFODSでの知り合い。何度かオフで一緒に川を下った。とは言うものの、2年ほど前に長良川で会った(正確に言うとレスキューしてもらった(^^ゞ)時は全く顔を認識してもらえなかった(‐_‐) お二人の出会ったきっかけもカヤックだとか。新郎は色んなカヌー関係の掲示板に出没しているので、探せば誰のことだかすぐわかると思う。

道に迷ったせいで一緒に出席する人たちとの待ち合わせにもギリギリ(いや、ちょっと遅れたか)だったが、無事一緒に会場へ。古い町並みの中に残る洋館をそのまま使ったシックなイタリアン・レストラン、ラ・ルーナ ピエーナ。披露宴も同じ場所だったとか。ウェルカムボードの下には2艇のカヤックのミニチュア。お二人の艇のミニチュアなのだろう。作り込みが細かくフィッティングパッドまで付けてある。

Nop
画像提供:月座さん フィッティングパッドがわかるかな?

出席者のパドラー率はかなり高かった模様。
今となってはもうほとんど会う機会もないFODSの仲間達に会えて有意義な時間だった。当のFODSは10月31日をもって完全閉鎖と相成った。思えばこの結婚式がFODS最後のオフだったのかな。Nopさん、ありがとう!!

結局二次会の後近くの店で飲み直して、そのあと長良橋の下で雨を凌ぎながら1時ぐらいまで話してた。その後、雨の中でテントを張るのも面倒くさいので各自車の中で寝た。俺はその後も色々あったので結局寝たのは二時ぐらい。そのせいで次の日は寝不足。日曜日は金華山を登って岐阜城天守閣を見て帰ってきた。

同じ趣味の人と結婚するのは善し悪しらしいけど、あのお二人はうまくいきそうだねえ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.11.01

今日のチョコQ (9-1)

チョコQ第9弾。一つめはこれ

kuroten

エゾクロテン(食肉目イタチ科)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »