無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.25

新型シェーバー

先日、本屋で立ち読みをしていた時のこと。
ある雑誌に「ヒゲを楽しむためのシェーバーなんて、アリなの?」と言う商品紹介記事が載っていた。 写真によるとヒゲトリマーと電気シェーバーを合体させた様なもの。

ネットで検索してみるとありましたよ。「ブラウン クルーザースリー(Braun cruZer3)」。社会的にそんなに髭が容認されるようになってきているとも思えないのだが、若者の間では確かに多くなってきているかも知れない。

俺もマルガリータさんのダンナさん同様(「Margaritaの今日の知ったかぶり:バレンタインのプレゼント」)スキカルとカミソリで髭の手入れをしているが、面倒なので1週間に1度程度しかしていない。これを使えばもうちょっと気軽に整えられるかも。なんて思って買ったとしても、自分の性格を考えるとそんなに頻繁に手入れするようにはならないような気もするが(^_^;

これのトリマー部分はバリカン代わりに使えるかもね。但し6mm以下だけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.21

ファイントラック冬製品

今年に入ってからのスキーのレポートをまだ一つも書いていない。行った場所別のレポートも良いのだが、mixiでトピックが出来ているのを見つけた記念に、まずこのエントリーから。

以前のエントリーでも書いたようにファイントラックで秋冬商品が発売されたので早速購入して使ってみた。

送られてきたフラッドラッシュスキンを見て驚いたのは今まで使っていた速乾性アンダーウェアに比べてずっと薄いと言うこと。それもそのはず、これそのものに保温性があるわけでなく、説明書にも書いてあるとおり、上にアンダーウェアーをつけて初めてその真価が発揮されるものだからだ。アンダーウェアーからの濡れ戻りを無くし、体温低下を防ぐのだ。

その上にブリーズラップ・プルオーバーを重ね、ゴアテックスのアウターシェルを着て、まずはゲレンデで使用してみた。ブリーズラップ・プルオーバーはウィンドブレーカーの様に薄いので、本当にこれで大丈夫かと思いながら使ってみたが、これが思った以上に保温性がある。吹雪いている時でも、首からの風の進入をバンダナ等で防いでおきさえすれば長いリフトの上でも特に寒いとは感じなかった。

ツアーでのハイクアップ時はアウターシェルを脱いで使用してみた。この時は快晴。春のような陽気だった。それでなくても汗をかくわけで、普段だとハイクアップ時には防風性のものを身に着けていないこともあり、立ち止まったときに風が吹いたりすると体温が奪われてしまう。しかし、このレイヤリングだと少々の風なら全く気にならなかった。もちろん、何も遮るものの無い山頂で吹かれた風の中ではさすがに寒く、慌ててアウターシェルをザックから取り出してかぶったが…

帰り道ではアウターシェルをつけたまま登り返したせいか、宿に帰って着替えてみるとアンダーウェアが汗でぐっしょり濡れていた。しかしフラッドラッシュスキンのおかげなのだろう、アンダーウェアが汗で濡れてしまったときに感じられる不快感がまったくなかったため、その時までアンダーウェアが濡れていることに気が付かなかったのだ。

ちょっとここで気になったのは、アンダーウェアが濡れているのに気づかずにそのまま着ていて急に気温が低下した場合どうなるかと言うこと。自分の体で実験してみたいとは思わない(^_^; 汗でアンダーウェアが濡れてしまうような馬鹿なことをしてはいけないというのが正解なんだろうな。いくらハイテク繊維の服を身に着けていても、基本に忠実にレイヤリングはこまめに調節しろと言うことなんだろう。

フリースのようにかさばるものに代わって、ブリーズラップのような薄手のものが使えると言うことは、パッキングの上で大きなメリットだ。特に俺のようにパッキングが下手なものにとっては(^^ゞ

メーカーの「お勧めレイヤリング」にはTシャツやフリース、ダウンジャケットなどとの組み合わせも提案してある。プルオーバーの袖からアンダーを少々見せると言う着こなしも(^^)
まだ、シーズンが終わるまで時間があるので色々試してみよう。

そう言えばインナーグローブの使用注意点として、次のような文が

注意点としては、グローブ・袖口などにあるベルクロは、ニット製品のフラッドラッシュスキンに引っかき傷を作ってしいますので、あたらないように取り扱うことが必要です。

そう言うことは早く言ってよぉ(T.T) すでに右人差し指の先に穴が…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.02.16

OptioWP発表(BlogPet)

さのしで、画素発売したかったの♪

米Pentax、500万画素の防水デジカメ「OptioWP」発表(デジカメWatch)携帯だけでなくデジカメも防水の新機種が。
これはアメリカでの発売なので日本で発売されるかどうかは“?”だからこんなこと書いてアップしてるような余裕はないんだって(^_^;またしばらく沈みます。
ブクブクブク.。
o○




*このエントリは、BlogPetの「うさと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハンディGPS

この間のスキーツアーでGPSを使っている人が2人いた。

そう言えば今年はGPSを買うんだー。でもって、カシミール3D使うためにVirtualPC買うんだー、と思っていたものの、結局VirtualPCを買ったところで止まってしまっている。

一番の問題はハンディGPSの種類の多さ。一番売れているガーミンのものだけでもここを見てみると10数種類もある。しかも日本語版と英語版で微妙に機能が違うらしい。一体どれを選んだらいいと言うんだ??? 昔から山をやっていた人なら自分の行動パターンから機種を絞れるんだろうけど、俺はスキーを始めてから山に入るようになった新参者。もう一つどんな機能が便利なのかがピンと来ない。実は、そんないつまでも初心者のような状態から抜け出したいと言うこともあってGPSが欲しいんだけど…

高機能の機種の売りは白地図が表示できることということらしいが、自分の勉強のためには低価格の基本的な機能だけそろっているやつの方が良いのかな。そうなると、去年いたぽんさんが良いと言っていたForetrexなのかなあ。
参考 「三態変化:FORETREX 201」「同:FORETREX 101

再来週のツアー安全講習会にまでに何とかしようかな。あっ、それとツェルトも……

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.02.15

新型G-shockデジカメ?(BlogPet)

きのうミノルタで、発売したかったみたい。

*このエントリは、BlogPetの「うさと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でも発売、OptioWP

先のエントリーでも話題にしたOptioWP。日本での発売が発表された。

スタイリッシュな防水型&動画を強化した超小型機——ペンタックス、新オプティオ2機種
(ITmedia PCUPdate)

うーん、Optio43WRの時は買い換えを踏みとどまったけど、今回はひょっとしたら…

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.02.12

今日の予定

石川県の有形山にスキーツアー。そんなに標高差は無いらしいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.11

私のしごと(汗)(BlogPet)

うさとは、ブーツをTしなかったー。
きのうは東進したよ♪
うさとがシャルマンが京都にTするはずだったみたい。
シャルマンで、2したかもー。
SANOSHIは、

その1ここのアクセス解析を見られたのかを話す羽目に。
う〜、別にばれてマズい職場ではないんやけど(^_^;その2今日エグザスでスタジオに入ったら、向こうから挨拶されてしまった。
で、彼は職場の人が、検索してここにたどり着いてるやん。
まあ、仕事のことも知らんし、このブログ読んでもバレへんはずやけど(^_^;その2今日エグザスでスタジオに入ったら、職場で見たこと無かったから、なんだかねえ。

といってました。

*このエントリは、BlogPetの「うさと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.03

新しいスキーブーツ(BlogPet)

きょう、シャルマンがマーカーはTしなかった。
きょううさとがスキーがTするつもりだった?
きょう、歯医者も参照するつもりだった?

*このエントリは、BlogPetの「うさと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雪景色

Dscn0706-2

今日は西日本は大雪。京都もこの通り。
他の写真は「SDS-PAGEs:PhotoAlbum:MiscPhotos 雪景色」をどうぞ。

| | コメント (2)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »