無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« 今日のチョコQ(10-14) | トップページ | 今日のチョコQ(10-15) »

2005.05.23

献血制限

 明日、職場に献血車が来るからとのことで献血を募るポスターが貼ってあるのを見かけた。去年、このエントリー(“成分献血”)でも書いたように、割と気軽に献血をする方なので、いつも通りなら明日も喜んで血を採ってもらいに行っていたのだが。残念ながら今月から俺はもう献血できない体になってしまった…

 などと書くと、なにか重篤な病気にかかったのかと思われるかもしれないが、そんなことはないのでご安心を(^_^; 5月から献血の制限の条件が変わり、その制限に引っ掛かってしまうのだ。

英国滞在者から先行で献血禁止(YOMIURI ONLINE)

 BSEの関係で1980〜1996年の間に一日でもイギリスに滞在した者は献血が出来なくなってしまった。
 俺はこの間に都合2度イギリスを訪れている。1度目は初めての海外渡航で。2度目は長流さんが留学していたとき。この献血制限のことは、この間金沢に行って長流さんのところにお世話になったときに教えてもらって始めて知った。

 この期間に一日でも滞在した人と言うことになると、かなりの数に上ると思う。この冬血液の在庫が足りなくなったと言う話題も良く目にした。血液が足りないからと、逆にウィルスが混入したような血液が出回り、治療の場にでてしまうと言うことが無いように願いたい。

俺の血はもう役には立たないけれど… (これから一生か?)

関連記事
掬ってみれば無数の刹那:自主規制
SHINOblog:献血したいのに

《追記》
「5月から」というのは早ければという話だそうで、まだ制限されていないらしい。しかし今月中には規制される模様。

|

« 今日のチョコQ(10-14) | トップページ | 今日のチョコQ(10-15) »

コメント

TBありがとうございました。
なんだか、周囲にそういう人が増えているのを見ると、ちょっと考えたほうがいいのではないかと思います。私の「自主規制」もどちらかといえば、規制に批判的な見解として書いたつもりなのですがねぇ。

投稿: HOOP | 2005.05.23 19:21


あら・・・私も献血できないのですね
知らなかった。。。。

ほんと、一生できないのでしょうかね?

投稿: こなつ | 2005.05.23 20:23

>HOOPさん
輸血や血液製剤による感染が世間を騒がせてますから、そういう措置になったんでしょうね。でもそれなら、今の穴だらけの牛の検査の実態も改善すべきですよね。

>こなつさん
今日は行きそびれました(謎)
所定の期間にイギリスに1日でも行ったことのある人って、回りを探せばいくらでも居そう。
vCJ病の特効薬でも出来ない限りは、制限が解除されることはなさそうですね。

投稿: さのし | 2005.05.23 22:39

さのしさんも、とうとう献血できなくなっちゃいましたね・・・・(涙)。
確かに安全のためにはしかたのない措置なのでしょうけど
ちょっと残念ですね。

献血した血液だって、後で検査するじゃないですか。
そのときに異常が見つかれば、
それはもう仕方のないことだと思うんです。
でも、渡航経験があっても、ほどんどは問題のない人だろうから
血を採るだけ採って(笑)、後日検査、なんてことはできないのかな、
なんて考えてしまうんですが・・・。
今は海外に行ったこと無い人の方が少ないんだから
渡航経験だけではねていたら、キリがないと思うんですよね~。
いちいち細かい検査はしてられないから
「疑わしい場合は最初からもらわない」という感じになっちゃうのかな。

ちなみに先週だったかも献血コーナーに行って
相変わらず「不健康な生活してるだろう」と言われて
またもや落ち込んで帰ってきました・・・。
偏食もしてないと思うんだけどなあ。
くっそー、何度でもチャレンジするぞ!(笑)
・・・今度は鉄分サプリでも飲もうかな・・・・。

投稿: しのぶ | 2005.05.25 12:45

>しのぶさん
今回の制限では初めは含まれていたフランスに一日でも滞在していた人というのが、血液の供給が足りなくなると言うことで除かれました。どこかご都合主義のような気がしますね。

ウィルスやプリオンはある程度量があると検査で見つけられるでしょうが、100%検出することは出来ないでしょうし、安全策を見積もって危険性のある血は採取しないというのはわかります。でも、血液が足りなくなりそうだから制限を緩めるというのはちょっと違うような気がします。

今回のことが、「一応世論のこともあるから、とりあえずイギリスに行った人は制限しておこうか」などと言う考えで決められたのではないかと、穿った見方をしてしまいます。

「不健康」と言われる血で健康に生活できている しのぶさん は逆に強い体なのかも(^^)

投稿: さのし | 2005.05.25 21:58

TBありがとうございます。

これってどこかで管理されてるんじゃなくて、あくまで「自己申請」で「英国に渡航経験あり」を伝えるんですよね?おおげさなわりには結構いいかげんな気が(苦笑)

投稿: 子供相談室 | 2005.06.04 16:16

そうなんですよ、自己申請なんですよね。他の制限事項に関してもそうですし。
献血って言う行為自体が利益をもたらすものではないので(ジュースやお菓子は別にして(^_^;)、その程度でも歯止めになっているのかも知れませんね。

投稿: さのし | 2005.06.06 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14505/4249446

この記事へのトラックバック一覧です: 献血制限:

» 血ぃ〜吸ぅたろかぁ〜 [敏的故事]
さのし氏の献血制限にTBしてるわけですけどが。 この件、気になってたんだ。 1980〜1996年というと・・・ б(^^)が、16〜32歳の間という事になりよんなぁ。 WOW 3回とも当たりかい!? 二十歳過ぎの頃・・・ 赤十字の精神・・・ 献血こそ青年らしい社会奉仕の証と、血液セ...... [続きを読む]

受信: 2005.05.23 21:34

» 献血できないなんて・・・・・ [ロンドン留学630日]
厚生労働省が、先日こんな決定をした。「狂牛病がはやっていた1980年から1996年にかけて、1日でもイギリスに滞在したことがある人からの輸血は受け付けられない」私は、この期間イギリスには行っていない。が、去年の時点で輸血を断られた。世のため人のためと大志を抱き...... [続きを読む]

受信: 2005.06.04 00:54

« 今日のチョコQ(10-14) | トップページ | 今日のチョコQ(10-15) »