無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« コンタクトレンズ使用記 今更ながらスキー編 | トップページ | 仮面ライダー THE FIRST »

2005.06.08

Intel in Mac

今日はMacユーザーのブログがかまびすしい。

第一の原因はiTunes Music Store (iTMS)の日本での開始がこの8月になると発表されたこと。もう一つの原因は来年からMacにインテルのプロセッサが搭載されるようになるとWWDCでスティーブ・ジョブズ自身が発表したこと。

Macユーザーなるもの、大体がWintel陣営のやり方が気にくわずにMacを使い続けているものが多いのになんたることか。目にするのはこのことについて反発するエントリーばかり。

決定したものは仕方ない。それでもMacOSが動き、Macらしい外観のマシンが発売される限り使い続けるだろう。だが、多数のブログで指摘されているようにMacのCMであのサウンドロゴが流れたり、Mac本体に“Intel in it” だか“Intel Inside”だかのシールが貼られるのは願い下げたい。

一番困るのはこの“Switch”のせいでClassic環境が使えなくなるであろうこと。今でさえOS9のアプリケーションが使いたくて、デュアルブートを保障されたPowerBook Tiを(それも2台も)手放せずにいるのに、これでClassicが使えなくなってしまったら一体どうしたらいいのか?

おそらくPowerBookの新製品は“Switch”以降しか発売されないだろうから今のうちに買い換えておくか?今ならTigerも使えることだし。

|

« コンタクトレンズ使用記 今更ながらスキー編 | トップページ | 仮面ライダー THE FIRST »

コメント

Classic 環境ですか。私の場合は Photoshop などの未だ OSX では動作の遅いアプリ用や、スペック的に劣る iMac DVsp 用でしか運用していません。
Intelで動くといえば『Basilisk II』。手持ちの Mac LC630 の ROM データを使って Mac OS 8.1 までだったら Win 上で動作可能。もしかすると、どこかで Intel 版 OSX 上の PowerPC 用のエミュレータを開発しているかも知れない。淡い期待ですけど。。。

投稿: TAMTOM | 2005.06.08 22:13

なんか痛々しい話だなぁ。
悲壮感感じるよ。
時代ってものか、これがアメリカってものなのか?

投稿: ADA | 2005.06.09 02:09

>TAMTOMさん
僕は仕事で使っているフリーウェアでOSXに対応していないものがいくつかあるんでClassic環境が無くなると困るんです。プライベートに使う分には全く問題ないんですが。ニフマネも使う必要なくなりましたし(^_^;
エミュレータ、出れば良いんですけどねえ。どのくらい需要があるものか。

>ADAさん
どこも痛々しくないよ。
元はと言えばIBMがゲーム機用のCPUに力を入れだしてPowerPCの生産の手を抜きだしたのが発端らしいから。一番悲しいのはAppleと提携できなかったAMDかな。

投稿: さのし | 2005.06.09 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14505/4463380

この記事へのトラックバック一覧です: Intel in Mac:

» 日本版iTMS [■■■ブログ版DigiDog Side■■■]
音楽配信サービスの大本命iTune Music Storeがやっと日本にも上陸するようです。日経新聞の誤報?によると8月スタートらしいですが、正式リリースでは年内スタート予定だそうです(^-^) iTMSとはAppleが始めたオンラインミュージックストアです。既に世界19ヶ国でス... [続きを読む]

受信: 2005.06.16 00:54

« コンタクトレンズ使用記 今更ながらスキー編 | トップページ | 仮面ライダー THE FIRST »