無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

« 久々の母校(BlogPet) | トップページ | 送り火 »

2005.08.20

セローが来た日

携帯メールが入った。「バイク、職場の方に持っていくから。」えっ!! そんなぁ。いきなり家まで乗って帰る自信ないぞぉ!!

メールの送り主は俺をテレマークスキーの世界に引きずり込んだ人達の中の一人。と言うより、バックカントリーに引きずり出した張本人。それまでもゲレンデで細々とテレの練習はしてはいたのだが、はじめて山に連れて行ってもらったのが彼だった。そのシーズンの内に御嶽山にも、立山にも連れて行ってもらうことになった。10歳以上年の離れた先輩。それから数シーズンは雪の季節になると毎週のように一緒にゲレンデや、近場の山に行っていたのだが、彼の仕事の部署が変わって休みが合わなくなってからは、年に数回しか会うことがなくなっていた。ちょうどそのころ二輪の免許を取って、セローで良く林道を走りに行っていると言う話は聞いていた。

このエントリー(『千里浜なぎさドライブウェイ』)にも書いているのだが、昔、俺もバイク乗りだった。十数年も前のことになる。でもそれだけ経っても、あの“風を感じながら走る”感覚が忘れられずに、いつかまたバイクに乗りたいとは思っていた。5年ほど前にも、流行り始めのビッグスクーターの購入を本気で考えてカタログ集めもしたのだが、その時はもう一つ踏ん切りが付かずにそのままになっていた。

さて、この間から度々話題に上らせている携帯電話。機種変更したのに伴い念願のアドレス変更もした。そのお知らせメールを彼にもしたのだが、その時に「セローの調子どうですか?」と付け加えたのがそもそもの発端。彼は排気量が250ccになった新しいセローを買いたいということで、お古のセローの買い手を探しているとのことだった。それならばと言うことで、俺がそれを引き取ることにした。いつも優柔不断な俺が割とあっさり買うことを決めてしまったのは、心の底にバイクに乗りたいという気持ちが強くあったからなんだろうか。

メールはその引き渡しについてのものだった。

バイクを引き取ることが決まって以来、また乗れるんだというワクワクする感覚が高まってきてはいたのだが、同時に10年以上もブランクがあって本当にちゃんと乗れるんだろうかという不安も湧き上がってきていた。職場から家の15kmですら運転出来るか不安だったのだ。だから、俺が家にいる夏の休暇の内のある日に、先方にお願いして自宅まで持って来てもらうことにした。

バイクを持ってきてもらった当日、バイク用品屋に着いてきてもらって、乗るのに必要なものを購入することにした。とりあえずはヘルメットとグラブ。

ヘルメットはちょうどセールで安くなっていたアライのTXモタードにした。手にとって、実際にかぶってみて10年間のブランクの間にヘルメットも随分進化したんだなあと言うのを実感した。フルフェースのバイザー付きメットなのにシールドが付いてる。アゴ紐に端の固定用スナップや緩めるためのタブが付いてたり。内装パッドはもちろん取り外し可能。ベンチレーションのダクトなんて一体いくつ付いてるんだ? 一番驚いたのはそのフィット感と軽さ。うーん、やっぱり十年一昔なんだな。ヘルメットですら…

十数年前は普通にキーを抜いておけば盗難になんか滅多に遭わなかったのに、今やU字錠は必携とのこと。あ〜、いやだ、いやだ。と言いつつも仕方ないのでこれも購入。

こうしてセロー225WE 2003年型(ブラック)は俺のものとなった。

PICT0093.JPG

さて、この新しい相棒は俺を一体どんな世界にいざなってくれるんだろう。

今回セローを買うにあたり「興味本位」のMATSUさんにメールで質問させてもらいました。ありがとうございました。また、グワンチェさんの「グワンチェ@ココログ:バイクは楽し」も参考にさせていただきました。

そう言えば今年は、ヤマハ発動機創立50周年で、セロー発売20周年にも当たるそうだ。

|

« 久々の母校(BlogPet) | トップページ | 送り火 »

コメント

あぁぁ、セロー!
二十歳のときに、二代目セローを買いましたよ。
北海道以外はグルッと回った相棒だったのですが、音楽とバイクを経済的に両立させるのは当時の僕には無理で、ほんの二年ほどで手放してしまいました……。

良いですねぇ、素敵な旅を!

投稿: Ryu | 2005.08.20 16:11

Ryuさんもセロー乗ってたんですか。
二年で北海道以外は回ったとは、さすがRyuさんらしいですね。

僕がバイクの免許を取ったのは大学の学部を卒業した後でしたから、長い休暇も取れず、放浪の旅なんて言うのは夢のまた夢でした。今でも憧れますが、現在の仕事に就いている間は無理ですね。リタイア後の楽しみにでも取っておきますか。

今までバイクを買うのに躊躇していたのは、ほかのアウトドア・アクティビティと共存できるのかと言うのもあったんです。休日にやることが増えすぎて困ってしまいます。それに遊び道具の置き場がもう無くって…

近場でも良いから、素敵な旅ができるようにしたいなと思っています。

投稿: さのし | 2005.08.20 21:16

きっとさのしさんなら近場でも良い時間がすごせますよ。
長い休みが取れりゃ良いってもんでもないですから。

僕も、数年前にNZの二輪免許取得のために、十数年ぶりに二輪にまたがって、ライダーの血が甦ったんですけどね、今は買うの控えてます。
買ったら、きっと世界変わるんでしょうけどねぇ。

バイクと他のアウトドアアクティヴィティ、共存できるものもあれば、出来ないものもありますね。
カヤックとは、あまり相性よくないかも(笑)


投稿: Ryu | 2005.08.21 19:34

トラックバックどうも。
買っちゃいましたか。セローは250が出たので世間の人々はそちらに興味津々みたいですが(笑)225だって、特にさのしさんが買った225WEは円熟味が増した時期のモデルだから良い感じだと思いますよ。

そういえば、ここ最近の僕が住む東海地方は天気がすぐれないのでいまいちバイクツーリングには残念なことが多いんですが、これからの季節は天気が良い日が待ち遠しいですよ。晩秋頃になると結構寒くもなってきますが、気合いが入れば山に雪が降り始めるまでは十分いけます。

関西も走るのが楽しい山々がたくさんありますよ。うーん、夢が膨らみますねぇ(^^)

投稿: MATSU | 2005.08.22 00:12

>Ryuさん
もう今頃は日本へフライト中でしょうか。

以前バイクに乗っていた頃は、アウトドアにはほとんど縁がありませんでした。今なら色々と野外活動用の道具も持っていることですし、まだまだ未熟ながらもスキルも少しは身に付いていると思います。そう言う意味では以前と違った楽しみ方が出来るんじゃないかと期待しています。

バイクって不思議なもので10数年ぶりにまたがっても、操作を忘れてないものなんですね。僕も最初乗るときはおっかなびっくりでしたが、走って10分も経たないうちに風に吹かれながら走る感覚を楽しんでいました。

カヤックとバイクは季節的にもバッティングしますし、相性が悪そうですね。ファルト担いでバイクツーリングって言う手もあるのかも知れませんが、ちょっと辛そう(笑)


>MATSUさん
その節はありがとうございました。
買っちゃいましたよ(笑)
実際に走ってみると、確かに225は前に乗っていたXLX250やVT250と比べて高速走行はちょっと辛そうです。
もう一つ気になったのは、左ステップのギアチェンジの軽さ。左足にちょっと力が入ると意図しないところでギアが変わってしまうんです。カーブの途中で急にニュートラルに入ってドキッとしたことが既に何回か。シートポジションがおかしいんでしょうか?

上にも書きましたが、カヤックとバッティングしてバイクツーリングもなかなか回数が稼げないかもわかりません。
しばらくはツーリングマップルでも眺めて、あれこれコースを考えて楽しもうかなと思っています。

投稿: さのし | 2005.08.22 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14505/5553904

この記事へのトラックバック一覧です: セローが来た日:

« 久々の母校(BlogPet) | トップページ | 送り火 »