無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

2006.02.02

節分

節分に豆まきをするのは当然全国的な風習。

いろんなブログでも話題になってるけど、最近一般的になってきたのが恵方巻き、つまり巻き寿司(関東で言うところの太巻き)の丸かぶり。

元は関西の風習と言うことらしいのだが、ダンディ☆和田さんによると静岡県でも今やコンビニだけじゃなく、寿司屋さんでも売ってるらしい(ダンディのるつぼDelux: 一番ノリでポン)。

関西の風習という割には、京都で生まれ育った俺がこの風習のことを知ったのは大学に入って大阪出身の友達と付き合うようになってから。それまで、小・中・高の友達とも節分に巻き寿司を食べるなんて言う話題はしたことがなかった。それまで知らなかったと言うことはマスメディアでもそんなに取り上げてなかったんじゃないかな。

そういうわけで元々そういう習慣がないので、生まれてこの方、恵方巻きなんて言うものを食べたことはない。

一説によると大阪船場が発祥と言うことなので大阪限定の風習なのかなあと思ってたのだが、ネットで調べると京都でも昔からやってる人もいるようだ。

鰯を食べるのもひょっとして地域限定?

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005.12.13

イルミネーション

敏的故事:師走 電飾の街」とおなじ京都ホテルオークラの電飾。
Toshi。さんのと違ってピンぼけなので、あまり大きくできません(T.T)
高感度のデジカメ欲しいなあ…

Pict0010

Pict0012

ZEST御池にあったツリーもおまけに

Pict0016

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005.08.31

京都ホワイトバンドデー

ホワイトバンド。色々なブログでも話題になっていた「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」のアイテム。今現在なかなか手に入りにくい状況にあるらしい。

こういう形式のキャンペーンはイエローバンドが最初だったんだろうか。

さて、このブログでも度々登場していただいてる(と言うより、本人に許可も無く名前を出させてもらっているだけなのだが)ふじきさんが9月10日のホワイトバンドデーに向けて、京都でも何かできないかと言うことで「KYOTO WHITEBAND DAY」というブログを立ち上げられたそうだ。「9.10 Action:京都でもなにかやりましょう」がことの発端。

まだ詳しい場所や、時間、何をするかは決まっていないそうで、時間や人手が足らないそうだ。もし、興味のある方は上のリンクから辿ってブログを見に行ってみて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.08.20

送り火

8月16日。今年も例年と同じところで送り火を鑑賞。
今回もデジカメを持参したのだが、うっかりして充電するのを忘れていた。そのため新G'zOneのカメラで撮影。

まずは点火前の様子。今出川通りから写した大文字山。
正面に見えるのがわかるかな?

火が点った大文字

わかりにくいが妙法の「法」

送り火の後は、昨年の送り火の後にも行った「」へ。ここもこれから定番になるのか? 今年は、昨年も一緒に行った男3人に女性1人も加わったので、いちぢくの田楽をまた注文して試食してもらう。食べた感想はと言うと… 味を知りたい方は訪れて食べてみてください(^^)

五山の送り火が終わると京都の夏も終わりだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.07.09

京都のパドリング事情

 カヌーライフ。今や「日本で唯一のパドリング雑誌」と言うキャッチフレーズは使えないけど(これこれこれなんかがあるから)、49号(2005年夏号)は保津川の記事が二つも。

 一つは今シーズンから活動を始めたラフティング・カンパニー「GREEN WAVE」のコマーシャル・ラフトの体験記。ウェットスーツやライフジャケット着用のままJRに乗って出発点まで戻ると言うのは全国的に見ても珍しいんだろうが、俺たちカヤッカーはポリ艇を持って電車に乗ってしまうんだから(^_^; もちろん一般乗客の皆様方にはご迷惑をおかけしないように気をつけておりますです。

 二つめはパドリングエリアガイド。こちらの方はビックスマイルがエスコート役。ここのガイド、ふじきさんは今は無きパソコン通信nifty-serveのFODS(アウトドアスポーツフォーラム)でのお知り合い。彼がラフトガイドをし始めてからは会わなくなってしまったが、それまではしょっちゅう一緒に保津川を下っていた。彼は「ビキニの瀬」の名付け親でもある。
また、俺が何年か前にレスキュー3のSRT1の講習でお世話になったのもここだ。

 で、普段は全く関係ない「ガクシン」にもカヌーの情報が。こちらはもっとのんびりと漕げる木津川の情報。「夏の体験特集」にも載っているし、「原チャでGO!」と言う連載記事にもカヌーが登場。でも、写真を見てると一度の取材で使い回しをしているような。 そう言えば木津川もふじきさんと良く一緒に漕いだ川だ。このエントリーでは笠置大橋より上流を漕いでいたが、下流の泉大橋までは初心者のツーリングにはちょうど良いコース。FODSの初心者OKのオフを良くここで開いていた。ふじきさんと俺は同時期にオープンデッキのカナディアンカヌーを買ったので、二人はもっぱらそれでの参加だった。でも、夏の木津川は水の臭いがあるからあまりお勧めできないと思うぞ。

 京都のパドリングスポーツはメジャーになりつつあるのか?多分違うんだろうけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

初漕ぎ(seven2パドルの顛末)

4月になって今更の初漕ぎ。
今年の初漕ぎは4月16日だった。場所は昨年の漕ぎ納めと同じ保津川の馬堀-保津峡駅間(PhotoAlbum:2004漕ぎ納め(保津川))だった。今年は桜が遅めだからまだ咲いているだろうと言うことで。

ブログには書かなかったが去年の漕ぎ納めは最悪だった、雪が降っていたのは12月末ということで仕方のないことなのだが、寒い中沈脱を何回もしてしまった。それというのもフェザー角0°のパドルのせい(だと思いたい)(cf. フェザー角0°大作戦)。暖かい内はまだこのパドルでもロールが上がっていたのだが、体が動きにくい寒い時期にこのパドルではロールが成功しない。ブレースもうまくできないから、沈すること沈すること。最後の沈はもうロールに挑戦する意欲もなく、すぐにスプレーカバーのグラブループに手が伸びていた。後で考えると軽いハイポサーミア状態だったのかも知れない。

オフシーズンの間に高階救命器具にメールで事情を説明した。seven2パドルは接着不良のため、ブレードの角度が動いてしまうということがあるらしく、俺のパドルもそのためにグリップとブレードの角度がずれているのだろうとのこと。購入して半年も過ぎ、使用して塗装が剥げているにもかかわらず、快く新しいパドルに交換していただいた。本当に親切な対応ありがとうございました。

と言うことで、漕ぎ納めのリベンジとも言うべき初漕ぎ。

今シーズンはじめのパドリングなので馬堀で出発前の肩慣らし。やはりグリップとブレードの角度が合っていると漕ぎ易いや(^_^; seven2パドルの漕ぎ味の良さ、使いやすさを始めて実感することが出来た。

程なく出艇。やはり久しぶりの川は緊張する。ハイシーズンならどうって言うことのない波にもパドルを握る手に力が入る。

流れの緩やかなところでは川岸の桜に見入り、花見客でいつもよりたくさん出ている遊船のお客さんに手を振りながら川を下る。

今回唯一沈をしたのは「小鮎の滝」を下ったところ。このコース最大の落ち込みを下りきったところで緊張がゆるんだのだろうか、スターンを流れに食われてしまった。漕ぎ納めの時のことが頭をかすめ「いややなあ。また沈脱せなあかんのやろか」と思いながら、えいやっとスイープしたら難なくロールが上がってしまった。やはりロールが上がらなかったのはパドルのせい?(と言うことにしておこう)。

川の様子に関しては「PhotoAlbum:2005初漕ぎ(保津川)」をどうぞ。今回は「桜と遊船」と言うことで撮ってみた。

2005Hatsukogi-1

保津峡駅駐車場にて

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.21

春分の日の鴨川

Pict0003
今日はホントに暖かかった。この陽気で桜のつぼみも緩んだかな。

Pict0007
グリルはせがわ”の持ち帰り弁当、通称“はせ弁”にもたくさんの人が並んでる。良う見たらカップルばっかりやん(^_^;

Pict0008
こちらは下流側。上の写真より2時間ぐらい後。日が陰り始めたのでジョギングしてる人たちが見られる。正面の山に見える三角形に木が生えていないところは、大文字の火床。

Pict0002<おまけ>
フレッシュネスバーガーで飲んだ “ほうじ茶ラテ”のコースター。砂糖を入れた方が美味しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.03

雪景色

Dscn0706-2

今日は西日本は大雪。京都もこの通り。
他の写真は「SDS-PAGEs:PhotoAlbum:MiscPhotos 雪景色」をどうぞ。

| | コメント (2)

2004.11.17

木津川(潜没橋〜笠置)

その昔は正月2日から保津川を漕いだりしたというのに、スキーを始めたこともあってこの3,4年は11月以降に川に出ていない。日曜日、久々にこの時期に川に行ってきた。木津川だ。

木津川の笠置と言えばフジタカヌーのお膝元。笠置より下流、泉大橋までのコースは初心者を連れてのツーリングで一時よく利用していた。そう言う時は俺はカナディアンでの伴漕。実は俺のカヤック初体験も笠置からのコースだった。

その日は笠置より上流のコースを初めて下った。163号線の笠置トンネルを抜けると見えてくる沈下橋が今日のスタート。後から調べると潜没橋と言うらしい。ウェットベストとフラッドラッシュの上に、まるでこの日が来るのを予想していたように撥水処理をしておいたドライトップを着込み、いざ出発。この日は初心者の女の子も一緒だった。ブログには書きそびれていたのだが9月末に一緒に北山川を下った子。パーセプション・ウィペットを駆っての出陣。あれ以来、数回カヤックで川には出ているそうですっかり川の魅力にはまった様子。でないと水の冷たいこの時期に川下りをしようとは思いもせんでしょ(^_^; 木津川は生活排水が流れ込んでいるので、暖かい時期だと水が臭うときがある。どちらかというと今のような時期に下るのがおすすめ。

途中、ロールやフェリーグライドの練習をしながら、わりとのんびりしたコースを下る。波が高くてビックリはするような瀬もあるが、そんなにパワーがないのでちょっと拍子抜けしてしまうようなところも。

Pict0007

まっちゃんのロール練習

最後に控えるのが岩がらみのいやらしい瀬。流れが正面にぶち当たっているので、コース取りをしっかりしないと沈をする。今回、俺もちょっとコース取りを間違えて岩に寄り過ぎてしまった。スターンをミニホール状態になった落ち込みに食われてしまいあせったが、ブレイスで何とか切り抜けた。

件の女の子はなんと、この瀬の直前で沈!! 艇は流れるのに本人がなかなか浮き上がってこない。心配したがそのうちポカンと浮き上がってきて一同胸をなで下ろした。

今日のツアーはここでおしまい。短い行程のツーリングだったが、この時期に行けたのはなかなか良かった。
但し、最後の瀬でレスキューしてたときに粗沈して、ロールしたはずみにシールマスクがはずれて川の中に沈んで行くなどという損失を除けば(T.T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

京都府南部の台風被害

全国的に報じられているとおり府北部の被害は甚大だ。
府南部の被害状況を京都新聞電子版から拾ってみると

■クスノキ倒れ「錦水亭」直撃 乙訓地方の台風23号被害
■倒木が民家の窓を突き刺す 山城地方の台風23号被害
■市民ら懸命の復旧作業 京都市内の台風23号被害
■神木ツクバネガシ折れる 京北町・白山神社 台風23号で

今更ながら”トカゲ”の猛威を再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧