無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

2006.01.15

初滑り

7、8、9日の三連休はスキー。もちろんテレマーク。今シーズンの初滑り。場所は去年もこの時期に行った奥美濃のスキー場

7日朝に関西圏を出発しても昼には着けるのが岐阜のスキー場の良いところ。スキー場に隣接したキャンプ場のコテージで、メニューは来る途中の三島酒店で仕入れた「けーちゃん」とラーメンで腹ごしらえの後、イザ出陣。

初滑りだし、今回初めてスーパースティンクスを使うと言うこともあって、まずは足慣らしに緩斜面を滑る。おっ、確かにピステパイプよりずっと軽いや、こりゃ。
何本か滑った後にもう一つリフトを使って山頂の方へ。去年もそうだったのだが、ゲレンデ斜面の端にかなりの幅で圧雪されていない箇所がある。パウダーを滑りたい仲間達は斜面を横切り、そこまで歩いていって滑る。俺も試してみたが、やはり板が違うとこんなにも違うのか。まだまだ、華麗な滑りとはいかないが、昨年よりはましな気がする。よし、今年はこの板でパウダーにも挑戦だ!!

スキーが終わったあとは道の駅「桜の郷荘川」に併設の「桜花の湯」で体をほぐす。外があまりに寒かったので露天風呂がぬるくなっていたのがちょっと残念。

夕食はコテージで自炊。こういうときはやっぱり鍋物に限る。体は温まるし、調理の手間も少なくてすむしね。

こんな感じで過ごした3日間。北陸は大雪で大変だったようだが、奥美濃地方はそんなに天気は崩れず十分楽しませてもらった。

さて今シーズンのスキーライフはどうなるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.31

新しいスキー用品

昨年はシーズンの初めの頃はピステパイプを使っていたのだが、ツアーに使うにはいかんせん重い。今年は軽めの板が欲しいと思ったのでクラックスへ。自分へのクリスマスプレゼントとお年玉を兼ねて奮発。
店員さんといろいろ相談して、スーパースティンクスを買うことにした。

Superstinx2

ビンディングはG3タルガ。シールはピステパイプと兼用できるかな。

ついでにザックも奢ってしまった。今までブラックダイヤモンドの古いスノーパック(紺色の)を使っていたのだが、高機能のものが最近出てきているので昨年ぐらいから欲しかったのだ。年齢のハンデは金で解決する(^^ゞ これも店員さんと相談して、オスプレー・スウィッチ40+5を買うことにした。

さて、準備は整ったが。まだ今シーズンは滑りに行っていない。年が明けたら行けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.12

ボディスキャン

この間、スポーツクラブでボディスキャンというものを受けてみた。
スポーツクラブネタって書くのいつ以来だろう。

カウンセリング付で1500円。測定だけなら100円。
もちろん受けたのは測定だけ。このブログを読んでもらっている人の中には色々詳しそうな方もおられるので、ちょっと恥ずかしいけど結果を曝してみる。

身長     168.0 cm
体重      64.1 kg
ウエスト    80 cm
BMI      22.7      レベル4
基礎代謝量  1465 kcal     レベル5 

体脂肪率    16.3%     レベル3  
うでの脂肪率  16.1%     レベル4
足の脂肪率   15.0%     レベル3
内臓脂肪指数  70       レベル4

筋肉量     22.4 kg     レベル4
うでの筋肉量   3.07 kg    レベル8
足の筋肉量    9.99 kg    レベル3

水分率     61.2%
骨量       2.5 kg

測定の前に筋トレをしてしまったので、これで正しい値が反映されているのかは不明。

測定装置に乗る前にまずインストラクターさんにウエストを測定してもらうのだが、シャツをめくってパンツをずらして(下着のパンツには非ず(^_^;)、ヘソのラインを見せないといけない。女性のインストラクターさんだったのでちょっと恥ずかしかった(#^_^#)

身長は自己申告。本当は168.5 cmにしたかったのだが、小数点以下は入力できなかった。

うーん、ある友達からクレアチンを勧められて、そのおかげで体重を66 kgまで増やしていたつもりだったのだが、この日は朝からほとんど口にものを入れていなかったので低めの値。って、そんな状態で筋トレするなよ、っていうのもあるのだが。普段でも2kgぐらいの体重の変動は良くあることなので、こんなものかな。

ウェストは80 cmもあるのか\(__ ) 普段はウェスト76センチのズボンを買っているのだが… 予想はしてたけどちょっとショック。

「レベル」というのは1から8まであって、3や4だと「普通」という判定。体脂肪率はいつもだと17〜18%代の値が出るのだが、この時は16%代。これを含めて他の値も大体が「普通」レベルなのだが、「うでの筋肉量」が最高の値であるレベル8を示している。それに対して「足の筋肉量」はレベル3でしかない。

これは、最近になって意識して筋トレをするようになるまで、ウェイトを使った運動は長い間ボディパンプしかしてなかったからだろうか。ボディパンプは下半身よりも上半身の種目が多い構成になっているので。これからは足の種目に力を入れてトレーニングをした方が良いと言うことか。

内臓脂肪指数は70なので今は良いのだが、正常レベルが19〜79の範囲なので気をつけないと危ないかな。通勤時、それまでは自転車で駅に行っていたのが、バイク通勤になって有酸素運動の量が減ったからかなあ。

また期間をおいてもう一度受けてみると面白いかも知れない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.05.23

モンベル奈良店

 連休中の白馬鑓ツアー、今シーズンの滑り納めの立山ツアーも書かなくてはいけないのだが(そんなのばっかり)とりあえずこちらのエントリーを先に。

 実は最近また歯医者に通っている。奥歯の銀冠が取れたのだ。土曜日、いつもの如く精華町にある歯医者に行ったあと、奈良の方に向かった。

 目的はイトーヨーカドー奈良店内にあるモンベル奈良店

 以前この近くにはアウトドア・フォレストと言うモンベルの製品を扱う店があった。俺が木津町に住んでいる頃はよくお世話になった。いや京都市内に移った後も歯医者に行った時に何度か寄っていた。奈良そごうが閉店した跡に、イトーヨーカドーが入った時にこの店がイトーヨーカドー内に移ってモンベル奈良店に変わったのだ。そごうだった時には行ったこともなかったのだが、初めてそのイトーヨーカドーに寄って、モンベルを視察。

Pict0005
入り口では熊さんがお出迎え

 店舗面積はさすがに広い。入ると「いらっしゃいませ」と店員さんが出迎えてくれた。その時は気づかなかったのだが、後で考えてみたらあの人って以前モンベル京都店にいた人じゃ?

 今回の目的ははっきりしていた。スキー納めもしたことだし、ウェアを洗うためのNIKWAXを買うことと、ジェットボイルの大きさの確認。

 結局NIKWAXはゴアテックス用の欲しいのがおいていなかった。来週の土日に名古屋に行くからその時に駅の地下街にでも行って探して来よう。

 ジェットボイルは物欲全開で買ってしまった。テレマークツアーの時に役に立ちそうなんだけどザックに入れると嵩張りすぎるような気がするなあ。専用カートリッジも購入。実際はプリムスのでも大丈夫だそうだけど。プリムスで大丈夫と言うことは「キャンガス」以外のなら大体使えるって言うことだよな。ただしこれは自己責任で。

 playboating@jpも購入。

Pict0007
同じフロアにはクライミングウォールも

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.16

リガードスキンケアー

おかげさまで未だに多くの人たちに検索してもらい、読んでもらっているエントリー、「キズパワーパッド」。

ハイドロコロイドを使った皮膚保護材として新しい製品が出ている。スポーツ用サポータで有名なリガードの「リガードスキンケア」がそれだ。ただしこちらはあくまでもケガの予防に使うもののようで、既にあるキズを保護したり、治療する目的には使えないようだ。ジョンソン・エンド・ジョンソンも出している「マメ・靴ずれブロック」に似たようなものか。
リガードスキンケアはスポーツ用と言うことなので、なにか改良点があるのかも知れない。

キズに使えるものと使えないもので、何が違うんだろう?滅菌してあるかどうかなんだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.11.22

ボールは友達…じゃない

今でこそ、夏にはカヌーだ、冬はスキーだ、仕事帰りにエグザスだ、なんて話だけ聞いているとなんだかスポーツマンのように聞こえてくるが、元々はインドア派。それと言うのも元来運動オンチだから。特に球技は全く駄目。

小・中・高と学校の体育というと大半の時間が球技。普通の子がどちらかというと嫌がる器械体操や長距離走の方が好きだった。もちろん休み時間もボール遊びをすることが多い。ドッジボール、円陣バレーはもとより、元大中小、バラ当て。死刑なんて言うのもあったな。休み時間、みんながボール遊びをしているの尻目に1人教室に残ってボーッとしてるなんて言うことも良くあった。

小学校の時に踏水会の夏期講習(今はもう開かれてないけど)に行ったこともあり、唯一得意と言えるスポーツが水泳だった。本当は中学校で水泳部に入りたかったけどプールがなかったので吹奏楽部に。別に名前が似てるからって言うわけではなく(笑)、入学式での生演奏に感動したから。高校は色々事情があって帰宅部。

大学では交響楽団や吹奏楽部にも見学に行ってさんざん迷ったあげく、結局プール掃除の日から水泳部の一員になった。事前の見学では初心者大歓迎と言うことだったので。と言っても、うちの大学ではどの体育会系クラブでも初心者大歓迎なのだが。水泳部の中では水球をやってる人たちもいて、そっちにも誘われたけど球技が出来なくて水泳部を選んだ俺はもちろん断った。

いくら初心者歓迎と言っても、そりゃ一応体育会だから毎日の練習は大変。それにいろいろとありましたよ。合宿の時の2部練習は寒いし、きついし、試合の度にコンパはあるし。ビアガーデンの時は公衆の面前で自己紹介しないといけないし、プールサイドコンパ(通称PSコンパ)では誰の目も気にしなくて良いのでそりゃもう大騒ぎ(^_^; 一回生の時はやめようと思ったこともあったけど、二回生になると後輩も出来て一応先輩としての自覚もできはじめ、立派な(?)水泳部の一員となり、4年間やめずに過ごし無事OB様(笑)となることが出来た。

スキーを体験したのは一回生の時。もちろんアルペンスキー。水泳部の先輩に誘われて、あるスキーサークルの企画に参加したのだが、初日からスクールで基礎からみっちり教わったおかげですぐにそこそこ滑れるようになった。その時に一緒に行った先輩(その時すでにOBだったんだけど)が今お世話になってるスキークラブの創設当時からのメンバーだと言うのが縁の不思議なところ。

考えてみると基礎から理論的にちゃんと教えてもらってるスポーツはちゃんと出来るんだよなあ。水泳しかり、スキーしかり、カヌーしかり。球技ほど反射神経が要らないというのも大きいとは思うけど。

未だにボールはうまく扱えない。投げるのも、受けるのも、打つのも。蹴るのだけはまだちょっとましかな。
今日は職場でバレーボール大会があったはず。参加しない俺はと言うと、紅葉も見に行くこともなく結局調子の悪いコンピュータを直して一日が終わった。

ーー
このエントリーは「掬ってみれば無数の刹那」のHOOPさんのご指名により、 【テキストサイトをつないじゃおうぜ】に参加しています。 トラックバック先は「空港の喫茶店でマッチョな宝石商に出会う」。

「スポーツ」をお題に何ぞ一筆お書き下さいませ。
本当は、どなたかにお知らせしなければいけないようなのですがここはブログ。トラックバックというステキな機能がある世界。と、いうわけで自主的に御参加下さいまし。(ルール変えたらだめ?)
はいはい、いつもいらして下さる皆様も、一見さんも参加可能ですよ〜。
書かれた後はテキストのあるURLをalbireo_oeribla@yahoo.co.jpまでお送り下さい。(主催されている方のメールアドレスです)

と言うことなので、どなたか参加してみませんか?

詳しくはコチラ
http://zaregoto2004.fc2web.com/index.html

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2004.09.29

FODS閉鎖

カナダのことは書かなきゃならないし、今月になって川にも2回行ったからそのことも書きたい。でも、先にこちらの話題を優先。

バイオフォーラム(FBIO)に続いて、カヌー&アウトドアスポーツフォーラム(FODS)も閉鎖することになった。兄弟フォーラムのキャンピングフォーラム(FCAMP)共々、アウトドアライフフォーラム(FOUTDOOR)グループが無くなるそうだ。

前にも書いたがNIFTY-serveに入会するきっかけはFBIOだった。しかし、それと同時に登録したのがFCAMPだった。そのころはFCAMPの一つの会議室が「えふきゃん川」と銘打ってカヌー・カヤックの専門会議室になっていたからだ。カヤックを初めてまだ1年にも満たないころだった。

その後FODSが独立した。Windows95発売により迎えられたNIFTY全盛期の頃に数多く立ち上げられフォーラムのはしりだった。カヌー・カヤックだけではそんなに登録者が居ないだろうと言うことで野遊びやXCスキー、スポーツカイトも同居した「人力で行うアウトドアスポーツ」と言う括りでのスタートだった
カヌー・カヤックは未だにそうなのだが、当時は今以上にマイナースポーツで、マスメディアに乗る情報は圧倒的に少なく、フォーラムでの情報は非常に参考になった。日本のパドリングスポーツ界での一つのスタンダード形成していたというのは言い過ぎだろうか。

もちろんオフもたくさんあったが、危険を伴うスポーツだと言うことで基本的には「飯とリスクは自分持ち」。しかし、パソ通上だけでは相手のスキルを知ることが出来ないため、特に危険なホワイトウォーターのオフは少なくなっていった。どこのフォーラムでも見られた傾向なのだが、知り合うのはフォーラム上だけれどもその後「ホームパーティー」や「パティオ」、インターネットの掲示板あるいはメーリングリストで連絡を取り合い、いわゆるプライベートオフに移行していくというパターンで、それに伴い会議室での発言数自体も少なくなっていった。

発言数が少なくなるに連れてnifty自体をやめた人たちも多いが、いろいろなところでかつてのメンバーの名前を目にすることが出来る。特にネット上では昔のハンドルをそのまま使っている人がほとんど。パソ通をやっていたぐらいの人たちだから自分のサイトを持っている人は多い。Yahooの掲示板でも名前を見かけることも多々ある。もちろんFODSで知り合った人達とはまだ一緒に川に行ったりもしている。

これで、特にお世話になった3つのフォーラムがすべて閉鎖を迎えることになった。パソ通環境の無くなったniftyは、もはや数あるプロバイダの中の選択肢の一つに過ぎず、他の安いプロバイダに乗り換えても良いかもしれない。ただ、まだ居酒屋は残っているし(パティオオーナーがパスワードを忘れて閉鎖できないと言うだけかもしれないが(^_^;)、このココログのこともあるので、もうしばらくアットニフティ(旧ニフティサーブ)会員のままでいようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.26

「カナディアン」と「canoe」

あまり一般の人たちの話題にはならないだろうが、オリンピックにもカヌー競技がある。

大きく分けて、フラットウォーターレーシングとスラローム。
前者は文字通り、静水(フラットウォーター)を複数の艇が「よーいドン」でスタートし、どれだけ早く漕ぐかを競う競技。後者は1艇ずつスタートし、流水(オリンピックレベルになると白い波の立っている”ホワイトウォーター”)の中で流れを利用しながら、上から吊り下げられたゲートを指示通り通過してゴールに到達した時間を競う競技。どちらかというと前者は「力」の競技で、後者は「技」の競技だ。だから漕ぎ方も艇の形も違うし、トレーニング法も違う。アテネでは日本からは女子フラットウォーターレーシングのカヤック部門みの出場だった。

今「カヤック」部門と書いたが、艇の種類の違いによってそれぞれのレースも「カヤック」と「カナディアン」に分かれる。これがまた乗艇人数で、1人乗りの「シングル」、2人乗りの「ペア」、4人乗りの「フォア」に分かれる。
スラロームでは「カヤックシングル」、「カナディアンシングル」、「カナディアンペア」の3種。略称は順に「K-1」、「C-1」、「C-2」。

ところが、競技者でないパドラー(カヌー・カヤック・ラフトを楽しむ人々)にとっては「カナディアン」と言う呼び方は違和感がある。一般パドラーにとっては「カナディアン」というとオープンデッキのカヌー。略称OC。普通の人がカヌーと言って一番始めに思い浮かべる形のものだ。ところが実際にオリンピックのスラローム競技で使われているのはクローズドデッキのカヌー。略称CC。一般パドラーはあの艇を「カナディアン」とは呼ばない。

オリンピック公式サイトで確認すると、やはり英語では"Canoe"となっている。決して"Canadian"ではない。どちらとも頭文字が"C"なので略称で呼んでいる分には違いはない。普段仲間内では略称しか使ってなかったので日本では「C」が「カナディアン競技」と呼ばれていることに気付いていなかった。はじめて知ったのはシドニーオリンピックのスラローム競技のテレビ解説を聞いていた時だ。英語と日本語で言葉の定義が違うことは往々にしてあるので仕方がないことなのだろうが、それ以来テレビでのカヌー競技の解説を聞いていると気になって仕方がない。

そう言えば「ペア」と言うのも、英語では「double」と言うようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.23

新しいパドル

この間注文していたパドルとご対面。本当は先週末には届いていたのだが、時間が取れなくて今日になってしまった。
届いたのはseven2airidium whitewater高階救命器具のカタログには"AIRDIUM"と書いてあるがこれは間違い。愛が、いやいや i が一つ足りない。また、ブレードが透明と書いてあるが実際には白色。

まず感じたのはシャフトが短くて細いと言うこと。
今回は191cmのものにした。 握ってみるとえらく短く感じたが、実際に今まで使っていたパドルと比べるとそうでもない。

また、フェザリングが45°のはずなのだが、ブレードのデザインのせいかほとんど角度が付いていないように見える。グリップの角度を見るとどうやら45°はあるらしいのだが…

このパドルが初めてグリップ付きのパドルになる。今まではフェザー角60°、ストレートシャフトのパドルを使っていたので、基本通り右手だけしっかり握って、左手の方はシャフトを滑らせて回転させていたのだが、このパドルは左手もしっかり握るのだろうか?この辺は実際に漕いでみて試してみよう。でも、モントリオールから帰ってくるまではお預けだな。

今回、買うときに「三態変化」のいたぽんさんにいろいろ相談させてもらったが、同じパドルを買ったそうなのでまた使った様子を報告してもらえるかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.15

京都八幡木津自転車道(コンタクトレンズ使用記 自転車編)

もう随分前になるが、6月のとある日に京都八幡木津自転車道をいつも通勤に使っている自転車(スリックタイヤに交換したMTB)で走ってきた。以前の「流れ橋」のエントリーの写真もこのときに撮影したものだ。
このところ1年に1度ぐらいは木津の方まで走っているが、毎回手直しされているところがある。
京都では有名なサイクリング道なので検索すれば色々なレポートが見つけられるはずだ。ここなんかはその一つ。

この時に試したものが2つあった。一つは以前紹介したRageのヘルメット、Challenge-BB。そしてもう一つがタイトルにもあるコンタクトレンズ。

まずヘルメットだが、普通の自転車のヘルメットのように流線型で穴だらけというわけではないのだが、頭の前面に吸気口があるのでそれほど暑いという感じはなかった。ただどうしても汗は流れ出てくる。これは坊主頭の特性上、汗を留める髪の毛がないから仕方がないところだろう。バンダナでも巻けばいいのだろうがそうするとせっかくの通気性を損なうような気がして、今回はしなかった。

レイジ チャレンジ-BB ヘルメットに関しては、以下のページでも紹介されている。
サムズバイク 4月新着情報
Chirakatte Masu Items

次にコンタクトレンズ。風には弱いと言うことを聞いていたので、行きはスポーツグラスをかけて走っていたのでそんなに問題なかった。但し、遅い時間に出かけたので帰り道、周りが暗くなってくるとスモークレンズでは見えにくい。仕方がないのではずして乗っていると、やはり目が乾き気味になるし、虫が目に飛び込んできそうで恐い。やはり、無色の夜間用アイウェアも必携だと言うことがわかった。

paraplane.jpg
途中で見かけたパラプレーン。あんな軽装備で空を飛べるなんて気持ちよさそうだけど、恐いかも。

izumioohashi.jpg
ゴール地点の泉大橋。ここは京都府木津町だ。カヤック(ダガー製?)を回送する車を偶然発見。笠置町からここまでの木津川はカヌーでののんびりとした川下りのコースとしてもよく知られている。

kizuichi.jpg
今回、休憩に立ち寄ったのがこの「きづいち」。「アコム」の看板と「カラオケ・ダンス ダンディ」の看板に挟まれているのが何とも(^_^;
ここはタウン情報誌にも載っている、たこ焼きで有名な店。お好み焼きや焼きそばも食べられる。国道24号線沿いにあるが、ちょっと見つけにくいかも。俺は仕事の関係で木津町に住んでいたときに、評判を聞いて何回か来たことがあった。今回、持ち帰りにして河原ででも食べようと思ったのだが、たこ焼きを焼いてるおばちゃんが「中で食べていったら。」と言うことで、入らせてもらうことに。

takoyaki.jpg
これがそのたこ焼き。大玉だけど粗雑でなく、しっかりとダシの味がきいた生地。外はしっかり焼けてるが中はトロっと。もちろんタコもケチってはいない。

たこ焼きとビールというのもそそられたが、まだ帰り道が長いのでここは水で我慢して、暗くなり始めた道を京都市方面に引き返した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)