無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

2005.07.31

G'zOne in beer

土曜日はスバルオーナーズクラブ「プレイアデス」のオフ。主催の仇申亭氏に関してはこちらのエントリーを参照。パソコン通信自体がなくなってしまった今、プレイアデスのメンバーは四散してしまっているが、最近仇さんの呼びかけで「Echoo!」に集結しつつある。この9月には数年ぶりで本栖湖でのキャンプも開かれるらしい。とは言いつつも俺は今までこのキャンプには参加したことがない。今回も残念ながら仕事の関係で参加できない。

さて今回のオフのメンバーは、仇さん、TORAさん、なおぴ、がんちゃん。と、付き添いで来た仇さんの相方さん(今時の金髪の女の子)。なおぴは信楽で一緒に風呂に入って、カラオケでバカ騒ぎして以来だからもう5, 6年ぶり、がんちゃんは3年ぶり。後の二人のオッサンは京都在住だし何時でも会えるけど。今回のオフは、先日ある悲しい出来事があったことと、なおぴが和歌山の方に出張だったことで開催された。

パティオのオフと言えばここだった「地球屋」に集まったメンバーはなぜかみんな眼鏡。しかも体重の総計が……(;^_^A アセアセ 名物の皿うどんもしっかりいただいた後、2次会はカラオケボックス(これがまた俺以外みんな歌がうまい!!)

Pict93293次会は仇さんのテリトリーである祇園のスナック。少々御下品なショータイムで始まった三次会もそろそろ終わりに近づいた時、携帯にメールが入っていたので読んでいると、仇さんが「機種変更したてやから言うて、見せびらかすなよ」と、からかってきた。そこから、なぜか携帯をビールの中に投入するはめに。それが上の写真。皆さんに喜んでいただいたので良いんですけどね(;^_^A アセアセ…

引き上げた後すぐに水洗いはしたけど、翌日まだビール臭かった。洗い直しましたがな。

#よい子のみんなはまねしないようにね(^^;

| | コメント (13) | トラックバック (3)

2005.07.22

初めてのフォトモブログ

念願の新G'zOne。機種変更完了。050722_12520001.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.07.18

G’zOne Type-R、いよいよ発売日決定

 北山川からの帰り道、ダウンリバー中に携帯電話に留守電が入っていることに気づいた。内容を確認すると、予約していた新型G'zOneの発売日が22日に決定したとのこと。入荷次第また連絡をもらえるそうだ。

 前回の北山川で、貴重品が入った防水バックをうっかりして口を開けたまま水の中に落としてしまった。財布などはすぐに取り出したが、携帯電話(C409CA)は防水なので大丈夫だろうとそのまましておいた。ところが、充電コード接続端子のところが欠けていて、どうもそこから水が入ったようで、液晶画面が曇っており、電源も入らない。なんのために機種変更せずに充電池の保ちが悪い4年前のG’zOneを続けているんだか。最終的には乾燥させることで回復し、事なきを得たのだが。機種変更すればもうそんなこと心配する必要もない。

買い換えればメールアドレスも変更できるし。
もうこのところの迷惑メールの多さには辟易している。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005.05.26

念願の新型G’zOne携帯

耐水・耐衝撃性能を備えたau携帯電話「G'zOne TYPE-R」の発売について (KDDIニュースリリース)
進化したタフネスケータイ“G’zOne TYPE-R”(カシオニュースリリース)
au、折りたたみ型のタフネスケータイ「G’zOne TYPE-R(ケータイWatch)
G-SHOCK携帯が折りたたみ型で復活──「G'zOne Type-R(ITmediaモバイル)
復活したG'zOne、「情熱で困難を乗り越えた」(ケータイWatch )

 2001年に発売されたC409CAを使って苦節4年。最近はバッテリーが保たないわ、ストラップを付けるピンが折れるわ、アウトドア仕様なのにいざというとき使えないような代物に成り下がっている。それに、なぜか今年の元旦0時0分きっかりから急に大量の迷惑メールが送られてくるようになってしまったのだが、この携帯ではメールアドレスを変更できず、甘んじて迷惑メールを受信しては消去する日々。

 一旦はTalbyにも心惹かれたが、アメリカで1月に新型G'zOne携帯のデザインモックが展示され、今年の夏には発売だろうと言う噂がたっていたので、それを信じて待っていた。なのに先日のauの夏の新機種の発表にはなく、また噂だけなのかと半ば諦めていたところ、なぜか今日G'zOneだけ別枠で発売の発表!! 満を持してとはこのことだ。

 やっとこれで機種変更が出来る(^^) 問題は7月末まで今の携帯のバッテリーが保つかどうかだな。

| | コメント (7) | トラックバック (12)

2005.02.15

日本でも発売、OptioWP

先のエントリーでも話題にしたOptioWP。日本での発売が発表された。

スタイリッシュな防水型&動画を強化した超小型機——ペンタックス、新オプティオ2機種
(ITmedia PCUPdate)

うーん、Optio43WRの時は買い換えを踏みとどまったけど、今回はひょっとしたら…

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.01.20

新型G-shockデジカメ?

Km1Sこのデジカメ、レンズ回りの処理がG-shockやG’zOneのベゼルに似てないか?

実はこれ、コニカミノルタの「DIGITAL現場監督DG-5W」。コニカが銀塩カメラとして出していた「現場監督」。そのデジカメ版「DIGITAL現場監督」の最新型。

その名の通り工事現場で使われることを想定した、防水・防塵・耐衝撃デジカメ。ミノルタのDimageXシリーズでおなじみの屈曲光学系を採用し、それまでごついイメージのあった「現場監督」シリーズを薄型にすることに成功した。コニカとミノルタが合併することで生まれた堅牢薄型デジカメ。と言っても普通のコンパクトデジカメと比べると、そこはそれ、やっぱり大き目のサイズではあるのだが。

本家G-shockデジカメ「G'BROS」は、カシオが薄型の「エクシリム」に走ったせいで、2機種が発売されたところで2002年以来新製品が出ていないという、まるでG'zOne携帯と同じような目に遭っている。G'zOne同様復活はあるのか?

防水デジカメと言うことであれば、以前からこのブログに書いているペンタックスのOptio34WRやリコーのCaplio300Gがある。薄型になったことで「現場監督」も一般ユーザーにも食い込めるのか?

そうそう「DIGITAL現場監督DG-5W」は-10℃の寒冷地でも使え、手袋のままでも操作しやすいそうだから、スキーに持って行くには良いかも。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.01.08

OptioWP発表

米Pentax、500万画素の防水デジカメ「OptioWP」発表
(デジカメWatch)
 Files Product Optiowp.Lg 01
携帯だけでなくデジカメも防水の新機種が。
これはアメリカでの発売なので日本で発売されるかどうかは“?”

だからこんなこと書いてアップしてるような余裕はないんだって(^_^;
またしばらく沈みます。ブクブクブク.。o○

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.01.07

G'zOneファンに光明!!

【2005 International CES】 カシオ、G'zOneケータイのプロトタイプを参考出品
(ケータイWatch)
カシオ、折りたたみ型“G-SHOCK”ケータイ展示
(ITmediaモバイル)

色々書きたいことあるけど、時間がちょっとないのでとりあえずURLだけアップ。まだまだプロトタイプなので発売までには時間はかかりそう。

待った甲斐があったぜ。クゥ〜(>_<)ヽ

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2004.10.14

talby

ずっと使っているG’zOne携帯。最近バッテリーの保ちが悪くなってきている。カシオも後継機種を出す気が全くないようだし、そろそろ観念して新しいのに替え時かなあと思っていたところ、auから新機種の発表があった。その中に非常に購買意欲をそそられる機種があった。それが「talby」。Infobarに端を発したデザインプロジェクトの一環だそうで非常にシンプルなデザインになっている。今時の携帯のように機能満載でゴテゴテしているということもなく、それも好感を持てる要因の一つ。

防水ケースでも売り出されたらすぐにでも買うのだが。もちろん、カヤックやスキーの時には水濡れの心配があるからと言うのもあるが、これぐらい薄型だとアウトドアに持って行った時、何かの拍子に折ってしまいそうだ(^_^; 防水ケースがあれば、それをプロテクター代わりに使うと言うこともできる。逆にこのぐらい薄型だから、防水ケースに入れたままでもかさばらず持ち歩けそう。

Talbyという名前はジョン・カーペンターが監督したSF映画(と言って良いのか?)「ダーク・スター」の登場人物の名前から取ったそうだ。何というカルトな命名!! あの映画は、どこから見てもビーチボールにしか見えない異星生物(って言うか、正真正銘ビーチボールなのだが)と、ラストシーンのスペースサーフィンの印象が強烈で…

《追記》
同じことを考えている人がいるようで

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2004.07.11

新型のDimageXシリーズ

今度のDimageXシリーズは今まで縦に入っていた光学ユニットが横に入っているらしい。DimageX50だ。サイズは今まででも、もうほとんど限界なのでそんなに小さくはなっていないが(と言うよりちょっと大きくなってるのか?)、液晶画面が大きくなっているのはポイントが高い。今持っているDimageXtを防水パックに入れると、液晶画面の視認性が非常に悪くなる。
 俺には必須の防水パックの大きさも従来品とほとんど変わらない。厚みはかえって増えているようだ。

まあ、今すぐ買い換えるつもりはないので、これからもデジカメの動向は追っかけてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧