無料ブログはココログ



  • madeonamac.gif

    Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。


  • Total
    Yesterday Today
    counting since 14 Nov. 04

気になるBlogs



  • WWW を検索
    Solid Days 内を検索

2005.08.05

iTMSJで最初に何を購入したか

昨日はMac使いのブロガーは大騒ぎ。iTunes Music Store Japan(iTMSJ)関連のエントリーをいくつ見かけたことか。それ程、期待が大きかったってこと。

ご多分に漏れず、俺もiTunesを起動させてさっそくiTMSJにアクセスした。パワーサーチでどんな曲があるのか色々検索していたのだが、それで引っ掛かったものを思わず買ってしまった。

川村結花の「ちょっと計算して泣いた」と「とりあえず朝は来る」

   

 中学の音楽の教科書にも載っている「夜空ノムコウ」の作曲者として有名な彼女。デビュー曲「あなたを失うことより」でαステーション(FM-Kyoto)のイメージアーティストをつとめていた。カーラジオをずっとαステーションに合わせていたので、このどうしようもなく暗い内容の曲を3ヶ月間何度聞かされたことか。当時の自分が置かれていた状況でこの曲を聴くと妙に心にしみ入って… 最近そのころのことを振り替えさせるような出来事があって、この曲が頭の中でリフレインしてたところで検索に引っ掛かったものだから…

この二枚のアルバムの収録曲の中では、あとは「「元気で」なんて言わないでね」ぐらいしか知っている曲はない。mixiのコミュニティの情報では、この二枚とももう既に廃盤で、オークションでも高値で取引されているとのこと。暫く聞き込んでみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

Intel in Mac

今日はMacユーザーのブログがかまびすしい。

第一の原因はiTunes Music Store (iTMS)の日本での開始がこの8月になると発表されたこと。もう一つの原因は来年からMacにインテルのプロセッサが搭載されるようになるとWWDCでスティーブ・ジョブズ自身が発表したこと。

Macユーザーなるもの、大体がWintel陣営のやり方が気にくわずにMacを使い続けているものが多いのになんたることか。目にするのはこのことについて反発するエントリーばかり。

決定したものは仕方ない。それでもMacOSが動き、Macらしい外観のマシンが発売される限り使い続けるだろう。だが、多数のブログで指摘されているようにMacのCMであのサウンドロゴが流れたり、Mac本体に“Intel in it” だか“Intel Inside”だかのシールが貼られるのは願い下げたい。

一番困るのはこの“Switch”のせいでClassic環境が使えなくなるであろうこと。今でさえOS9のアプリケーションが使いたくて、デュアルブートを保障されたPowerBook Tiを(それも2台も)手放せずにいるのに、これでClassicが使えなくなってしまったら一体どうしたらいいのか?

おそらくPowerBookの新製品は“Switch”以降しか発売されないだろうから今のうちに買い換えておくか?今ならTigerも使えることだし。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.05.31

アップルストア名古屋栄

 日曜日が勉強会が終わった後、櫃まぶしと生ビールの昼食をとってから知り合いと別れて栄に向かった。目的地はアップルストア名古屋栄。地下鉄の駅を降りて地上に出ると、大通りで交通規制をしている。パレードが終わったところだそうだ。
 南の方に向かって歩いていくと、程なく白いリンゴマークが見えた。

Applestorenagoya-1

 店にはいると脇目もふらずに“Genius Bar”へ。取り出したのはiPod。去年の4月にアップルストア銀座で購入した第3世代。一年以上経ってバッテリーの保ちが悪くなってきたので交換してもらおうという算段。

 本体を見せて、シリアルナンバーでAppleCare Protection Plan for iPodに登録されていることを確認してもらって手続き開始。住所が京都だったのでちょっと訝しがられた。「京都だと大阪に出るのも、名古屋に来るのも同じぐらいの時間かかりますよねえ」とGeniusさん。そりゃまあ新幹線使えばそうですけど(^_^;

 「待ってる間これでも読んでいてください」と、“Tiger”のことが特集してあるムックを出してもらった。それを読みながらバッテリー交換作業を待った。と言っても、本当に本体を開けてバッテリーを交換するわけでなく、新しいiPod(もちろん手持ちのと同じ旧機種だけど)と交換してもらえる。実際にしてもらったのは、古いiPodの登録を抹消して、新しいiPodを登録仕直す作業。話には聞いていたが全くの新品になるとは驚き。

 名古屋でiPodのバッテリー交換をしてもらおうというアイディアは京都を出る直前に思いついたから、データの消去をしていなかった。iPhotoのライブラリーが入ったままだったのは気になるが。そんなまずい写真も入っていないはずだし、まあいいか。でも、その場でのデータ移行のサービスはしていないそうなのでバックアップは必須。

 それと、バッテリーメータの設定を数値表示に変更していたのだが、元に戻すのを忘れていた。次回からこういうことがあると保証対象外になりますよと釘を刺されてしまった(^^ゞ 次回からはiPodを所有している本人だという証明になるようなものを持ってきてくださいとも言われた。

 今回はCare Protection Planに登録しておいたおかげで無料の交換。なんだか得した気分(^^) 前に登録料を払ってはいるんだけど…

 その後店内を見回って、iPod Shuffle用のアームバンドiGrip、iPod液晶画面の保護シートを購入。本当は“Tiger”も買おうかと思ってたんだけど、とある理由で今回は断念。

 ホノルルアラモアナのアップルストアと合わせて、訪れたアップル直営店はこれで3店目になった。

Superdryexpo
帰りの高速バスの中で飲む用に買った、スーパードライ「愛・地球博」バージョン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.06

Shuffleも購入

Macユーザーのブログでは今、OS 10.4 “Tiger”の試用レポートが花盛りだが、暫く静観。今持ってるマシンではスペック的にどうなのかの見極めが着かないから。買い換えも視野に入れて情報収集中。

それより、最近iPodのバッテリーの保ちが極端に悪くなってきたり、iPod接続用FireWireケーブルの調子が悪い方が問題。ということで、ショップのiPod関連売り場に行ったのだが… 
気が付けばFireWireケーブルと共にiPodShuffleの商品受け取りカードを持ってレジに並ぶ俺がいた(^^ゞ

と言うのはちょっと誇張しすぎ。最初からShuffleを買うつもりも半分はあった。同時にスポーツケースも購入。

「なぜiPodを持っているのに、Shuffleも?」っていうのは愚問。「買ってし魔王」のささやき声に負けたとしか言いようがない。

⌒(-魔- )⌒ ))))))パタパタパタ

人が使っているのを見て、良いなあと思ったのが大きな要因になっているのは確か。

先にiPodShuffleを買っていたダンディ☆和田さんは逆パターンで、最近iPod miniを買った模様(ダンディのるつぼ:iPodにハマる)。Winユーザーでもそうなんだから、いわんやMacユーザーをや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.06

Happy Mac 年賀状

今年もそろそろ年賀状を準備する季節だなあ。なんて書いてみたが、二十歳を過ぎた頃から年内に年賀状を出したことがない。いつも正月が明けてから出している。都合の良いことに関西の「松の内」は15日までなので、それまでには間に合うように(^^ゞ

昨日「SOUL SLIDE」が付録に付いたスキージャーナルを本屋に探しに行った。ついでにこの時期になると出来る年賀状関係のコーナーを見ていると「Happy Mac 年賀状 2005」と言うムックがあった。
 HMN

この手のもので「Mac専用」と銘打っているものは珍しいんじゃないだろうか。と言うことで早速購入。
付録のCD-ROMには「宛名職人MOOK3(MYCOM版)」も入っている。去年は宛名書きにフリーウェアの「はがきうぇあ」を使ったが、もしこっちの方が使い勝手が良いなら乗り換えても良いかな。

これで今年は早めに書けるな。なんて考えてても結局書くのは年明けになるのが毎年の恒例で… (^_^;

《追記》
こちらのサイトでも「宛名職人MOOK3」の話題が。でもMacユーザーばかりなのは何故?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.11.24

自宅のPowerBook、やっと復旧

実を言うと先週から自宅で使っているPowerBookG4 DVI/667 MHzが起動しなくなっていた。パーティションを切ってOSXとOS9のデュアルブートにしてあったのだが、どちらからも立ち上がらない。仕方ないので職場で使っている私物のPowerBookG4 1GHzを、夜に持って帰っては、翌日朝にまた持って行くという不便なことをして、この1週間凌いでいた。

TechToolProNortonSystemWorksでしつこく修復したが直らない。仕方ないので1 GHzをホストにしてターゲットディスクモードで立ち上げたDVIから外付けHDにデータを一旦待避させて、OSをインストールし直すことにした。しかし、最近のHDは容量が大きすぎてデータのコピーにえらい時間がかかってしまう。この間の日曜日にやっとOS9で立ち上がるところまでこぎ着け、今日やっとPantherでも立ち上がるようになった。

ふぅ〜、いろいろとソフトをインストール仕直して、あとはVirtualPCをインストールするだけだ。これは先日のOffice2004へのアップグレードの時に一緒に注文したものだ。一旦インストールしたものの、ブートボリュームの容量が少なすぎるのでアンインストールしてそのままになっていた。パーティションを切り直してブートボリュームに少し余裕が出来たから、今度は大丈夫だろう。

この冬にカシミール3Dを使いたいがためだけに買ったVirtualPC。にしび〜さんの「にしび〜の日記:地図の便利ネタ その1」にもあるが、Macユーザーでそんな人は多いんじゃないかな。でも、推奨がCPU 700 MHz以上なのに667 MHzで動かそうって言うんだから…(^^ゞ さて、GPSはどれが良いんだろ?

と言うわけで、もうこんな時間なのでコメントの返事は明日つけます <m(__)m>

あ〜あ、結局今日も紅葉見に行けなかったなあ。今度の日曜日でもまだ間に合うかなあ。

PS:そう言えば無線LANの設定もまだだった (´ヘ`;)ハァ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.09.30

iDisk容量の変更

.Macで使えるサーバの保存容量が拡張された。メールとiDiskで合計250MB使えることになった。設定を見てみると125MBずつ割り当ててあるようだ。

メールサーバの容量を少なくしても良いからiDisk容量を増やしたいなあと思っていたところ、以前から巡回させてもらっている おぎゃわさん の「DigiStill.com」に変更方法が書いてあるのを見つけ、早速試してみた。メールには現在1MBしか使用していないようなので、最少の15MBを、iDiskには残りの235MBを割り当てることにした。

でもこの方法、Appleからのお知らせメールにも書いてないし、.Macのサイトにもそう言う記述は見つけられなかった。「Solid Inspiration Blog」のcanoraさんも「 .Macの容量変更」で書いているように、おぎゃわさんのサイトを見て変更方法をはじめて知ったようだ。

今度作ろうと思っていた、.Macのフォトアルバムとブログの共通のトップページだが、iDisk上にするか、niftyの@homepage上にするか迷っていた。しかし、これでiDisk上に作ることに決定。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.08.12

アップルストア心斎橋

以前から噂になっていた日本でのアップルストアの2号店がついにオープンするらしい。

大阪のアップルストア、8月28日にオープン(アップルホームページ・ホットニュース)

オリジナルTシャツがもらえたり、数量限定の福袋が売られたりするそうだ。
銀座の時と同じでまた人が並ぶのか、それとも2号店ということでそれ程興味を持たれないのか。

いくら大阪店と行ってもGeniusBarでの対応は共通語で徹底するんだろうな。俺としては大阪弁の方が良いと思うんだがなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.28

WebSE

MacintoshSEで動くSystem7をフラッシュで再現したもの
@niftyのFBIO(バイオフォーラム)細川さんが紹介。

思えばSystem7の頃に仕事場にMacが入ってきて、みんながMacできれいな印刷をしているのを横目に、あまのじゃくな俺はMS-DOS上でLIPSIIを使ってWordStarでアウトラインフォント印刷をしたり、一太郎Ver5や花子、Z's Staffで何とかしようとしてたっけ(^_^;

元DOS使いだったこともあって、OSXのUNIXも使ってみたいんだけど、なかなかねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.05.26

PulpFiction Lite

今までRSSリーダとして「Digital Style」で配布中のパラボラナミニを使っていたが、今回amerioさんの「無意味なブログを検出しました!」の「イカすRSSリーダ for Mac」でPulpFiction Lite が紹介されていたので使ってみた。

メーラーにはEudoraを使っているのでMail.appと同じ操作性と言うのはあまりメリットには感じられないが、なかなか使い勝手は良さそう。ただ、"Date Posted"が数時間未来を示しているときがある。これは投稿者が意図的にしているのか、それともブログの置いてあるサーバが他の国の標準時に合っているのか。

驚いたのは記事の表示のされ方。パラボラナミニの場合、テキストのみ、しかも数行のみの表示だったのだが、PulpFictionLiteでは画像付きで全文が表示される。元のブログサイトに行かなくてもエントリーが全部読めるのだ。つまり、コメントやトラックバックを付ける意志さえなければ、ブログの閲覧を全てRSSリーダーだけですませてしまうことが出来る。ブログはエントリーだけでなく、配置やデザインも管理人の人となりを表していると思う(俺の場合は単にココログテンプレートをそのまま使っているだけだが)。そういうことから言うと、RSSリーダーで記事を読むだけではブログの魅力を半分も感じられないのではないかと思う。

また管理人の立場から言うと、RSSリーダーでの購読はアクセス解析ソフトに引っかからないため、定期購読してくれている人がどのくらいいるのかがわからなくなる。そんなことを気にするなと言われればそれまでのことだが。

実際には、RSSリーダーを使うようなブログサーファーはコメントやトラックバックせずにはおられないような人ばかりだろうから、元のサイトを訪れるだろう。そこまで気にする必要はないのかもしれない。

もちろん、概要を一緒に投稿すればそちらの方が表示されるので、内容を読みたくなるような概要を書けば問題ない。アグリゲーションサイトのことを考えるとその方が良いんだろうな。

パラボラナミニの配布サイトも近々閉鎖されるそうなので、PulpFictionLiteをしばらく使ってみようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)